< 「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。保育士をめざす方へ >

保育士をめざしている方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

「見守る保育」公式ホームページ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      運営:保育環境研究所ギビングツリー(GT)
             東京都新宿区下落合2-10-20 新宿せいが保育園内
             〒161-0033    Email:: info@mimamoru.net

web担当:神宮司(じんぐうし)

03-3954-4190

「見守る保育」とは 見守っても大丈夫な子どもを・・

「見守る保育」とは、見守っても大丈夫な子どもたちを育てる保育。

子どもたちの発達はそれぞれで、全ての子どもに同じ事をする事が平等ではなく、
それぞれの子どもの発達段階を捉え、時には見守り、援助が必要ならば、
しっかり向き合うことを行っています。

但し「見守る」という言葉には、単に見ているだけという意味合いが強く放任的な
イメージを抱いてしまいがちです。

そこで私達は、「見る= 一人ひとりを理解する」と「守る=適切な援助をする」と定義し、「やってあげる保育」でなく、子どものやりたいことを引き出し保障する為の保育として
捉え実践しています。


さらに「みまもる」は、子どもが意欲や好奇心を持つための安心基地としての存在であり、
大切にされているという気持ちが持てるように、求められた時にはいつでも手が
差し伸べられるような「保育」の精神を表したものです。

★新宿せいが保育園⇒平成25年度見学者数1630名。平成26年度見学者数1815名。
 注目されている「見守る保育」の現場へ 見学にいらっしゃってください!

都内ギビングツリー園 求人情報(2016年5月31日まで)

「見守る保育」見学のポイント(新宿せいが保育園)

現在「見守る保育」を実施している保育園は、全国に約500園余りあり、その中から東京都新宿区の新宿せいが保育園の様子をご紹介します。

詳細はこちら

子ども達が自ら選ぶということで自らの思いを実現し、最後までやり遂げる達成感を通して、自由と責任のルールを身につける保育環境を保障します。

詳細はこちら

「食 育」
新宿せいが保育園では、子どもたちのお腹も心もいっぱいにできる食事づくりや食育を進めています。

詳細はこちら

「見守る保育」実施園の様子

「見守る保育」の特徴

◆ 子どもの発達の順番って。。?

どの子も同じように時間的経過の中で発達していきます。おすわりができる、はいはいする、つかまり立ち、伝い歩き、一人歩き、、

◆やってあげる保育が行き届くと・・・?

自分でやってみたと思う前に、やってもらっていると、
自らやってみようという意欲がなくなってきます。
言われたとおりのことをやることが多くなり、高じては、
「やりたくない気持ち」だけが
生まれてしまうことに、、

◆保育の選択性ってなに?

たとえば「秋を感じてもらう」という保育のねらいを立てたとき、3・4・5歳児の3人の保育者は、自分の好きな、得意なアプローチを提案します。

◆保育者とのかかわり

保育者とのかかわりは、朝の挨拶から始まります。

保育者は子どもとの朝の挨拶を通して、関わりの中から、子どもたちの体調・機嫌などをつかんでいきます。

◆乳児クラスでのチーム保育

乳児期は特に「決まった担当が見るほうが子どもが落ち着く」という考えがあります。

けれど、保育園では終日同じ保育者が子どもを見ることはできません、、

「見守る保育」実施園の様子

「見守る保育」公式ホームページへようこそ

「見守る保育」公式ホームページへようこそ。
当サイトは、新宿せいが保育園園長・藤森平司先生が提唱する「見守る保育」を実践する保育園を保育現場で支援する保育環境研究所ギビングツリー(GT)が運営しています。
藤森先生は GTの主宰者でもあります。

「見守る保育」の関するさまざまな情報、実践の様子の写真や動画、主に新宿せいが保育園での見学会の詳細、各種イベント・セミナー情報など、「見守る保育」の各種情報をお届けしています。

「見守る保育」をもっと知りたい方、既に実践されている方、保育園の職員として働きたいなと思っている方、現在子育てや配偶者の転勤などの事情で保育の現場から離れている方、保育士を目指している方、ペーパー保育士さん 保育園経営に尽力されている方等等、保育に関心のある皆さまにとって、有益な現場の情報、楽しい保育の最新情報をご提供できれば幸いです。

また、新宿せいが保育園では、随時見学会を開催しております。少しでもご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご予約・ご参加ください。
 

藤森平司先生のメールマガジン のご登録はコチラ!

メルマガお申し込みは、こちらをクリック

新宿せいが保育園にて 見学の学生さんを前にこれからの保育についてミニ講座

ぜひ 藤森平司先生のメールマガジン
(メルマガ)へご登録ください。

藤森平司先生が、11年以上毎日更新し続けているブログ「臥竜塾」より抜粋したコンテンツを貴殿のメールボックスお届けいたします。

藤森平司先生のメールマガジンは、
保育の話のみならず、人の生き方、物事の考え方など、これかの人生を歩んでいく上での教訓を学ぶためのメールマガジンです。

壁にぶち当たった時、人間関係に疲れた時等、どんな時でも学ぶ姿勢を
大切にし、興味、関心、好奇心、探究心を持つことのきっかけになればと
思います。

藤森平司先生のメールマガジン ご登録には お名前、メールアドレス、 
お住まいの都道府県(セミナー等開催時はお知らせいたします)、職業(学生さんは学校名)を正しくご入力してお送りください。お待ちしています。

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践