< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

男性保育士の悩み&意見交換会

GTmen’sディスカッション

グループに分かれディスカッション。
各グループとも盛り上がり 
あっという間に時間が過ぎる

  • 保育環境研究所ギビングツリー(GT)加盟園の男性保育士が集まり 仕事の悩みや保育について意見交換、男性ならではの保育について等、前向きプラス受信の勉強会を定期的に行っています。

    そして、
    ディスカッション(GTmen`sディスカッション)は
    いつも盛り上がりを見せています。

    ディスカッションの内容は、様々です。

    今回のテーマは

    テーマ:「男性が保育園で出来ること」

    ざっくりまとめてみますと・・・(出てきた発言をそのまま書いていきます)

  • ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

    ・男性は個性を活かしたキャラ作りをすることで、保育現場での居場所を確立していく。

     ・男性のよい意味でのおふざけが、子どもの遊び心を育てる。

     ・女性同士の意見の対立を仲裁することができるのでは?

     ・保育環境に男性の存在があること自体が、子どもの育ちに影響を与える。

     ・子どもに様々な男性と触れ合う機会を与えることができる。

     ・男性の持つ遊び心が、子どもにとってよい影響を与える。

     ・男性そのものの存在が大切。
     (女性に比べ、体つきや匂い、態度など異なることが多いため。)

     ・男性は女性の真似をしなくてもよい。

     ・女性の愚痴を聴いてあげることができる。

     ・男性の特性を意識して保育することでメリットが生まれる。

     

男性保育士 情報意見交換会 その2

グループで話したり全員で意見交換したり、、盛り上がります。

 

男性保育士ディスカッション中に書いてもらった
アンケートより

今後、期待する
<メンズディスカッションテーマ>

「趣味を保育に取り入れる方法」         「第一印象」

「子どもの発達」                
「遊び心」

「保護者に対して思うこと」

「保育の中で見つけた子どもの姿」

 「男性保育士ならではの保育活動」        

「職場でのプレッシャー」

 

 

 「よいおふざけ・わるいおふざけ」  

「男性保育士の将来について」

さまざまな要望がでました。

それぞれに抱えているテーマは違うと思いますが、

もし ある問題で悩んでいても皆で話を聴いて
皆でその問題を 自分の問題として捉えて関わっていく

というようなあたりまえの関係ができそうですね!

 

男性保育士 情報意見交換会 その3

次回のテーマや日々の出来事で 各テーブルは話の花が咲きました。男性園長先生も加わってざっくばらんなひと時


もっと頻繁にディスカッションをしたいけれど、
時間的なゆとりがない・・・

そんな中考えられた画期的な取り組み。

それが、
GTmen’sディスカッションLINE】です!

携帯アプリ【LINE】のノート機能を使って、
日々の保育情報をシェアしていく仕組みです。

それぞれの投稿に対してコメントすることができるため、
日常的にディスカッションすることができます。

現在、GT東京の男性保育士32名が参加しています。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践