< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

「見守る保育」毎日の保育から生まれる負担にならない行事実践

保育園の行事

保育園の行事はなぜ大切か・何を見せるか
<「保育園の行事」の4つの柱 >

 ★以下の4つのタイプが 保育園の行事の柱と考えます。
 それぞれの行事が この4つの柱のどれに当たるかで、
 そのやり方やねらいをきめています。

 ★それにしても年間たくさんの行事があります。
 職員の負担を増やさない工夫も考えて行事の準備に取り掛かります!

 ★4つの保育園の行事の柱を念頭に整理してみましょう!

 ****************************

  • タイプ1「その時々の子どもの発達を見せる」役割
    *その子の現在を ありのままに さまざまな領域(つまり切り口)における発達の
    状態を伝えていく」ということが保育園の行事の最大の意義です。

     
  • タイプ2「親子のふれあいを促す(保護者の育ちを促す)」役割
    *保育園の行事がいろいろな形で親子のふれあいを促していくというポイントはいつも心に留めておいて計画、実践していくことです。親子のふれあいということからさらにもう一歩踏み込んで、「子どもの何をどう見るのか」という、親としての学びを実現する大変良い機会となります。

     
  • タイプ3「地域の文化を伝承する」役割
    *地域に受け継がれてきた伝統行事を子どもと保護者に 共に伝えていくこと。地域社会そのものが変わってきて行事の伝承が難しくなってきている昨今、保育施設のこの機能は今後いっそう重要になってくるでしょう。

     
  • タイプ4「保育を厚くする」役割
    *一つの家庭や個人レベルで人々の人生を彩るものが、子どもの成長を祝う生活行事や冠婚葬祭です。日々のマンネリを防ぎ生活を支えるものとして、重要な役割を担ってきました。毎日の生活に節目を作り、生活をリズムよく活気づけること。保育という枠組みや保育施設の中だけの人間関係や発想では得られない広がりを地域との関係の中でつかんでいくこと。保育の本質とは少し違うところにありますが、それによって保育に奥行と深みが出るという意味で、行事は保育を厚くするものなのです。

1年の行事(4~3月)と 行事の4つの柱

<4月>

  • 入園式:タイプ4
    *0歳児を初めて保育園にあずける
    保護者を安心させることを重視し、保育内容を説明。
     
  • 入園・進級を祝う会:タイプ4
    *在園児には、進級した喜びと新しい年の始めりを祝い、
    みんなで成長を喜び合う出し物を。
     
  • 保護者会:タイプ2
    *事務的な連絡事項だけではなく、クラス毎にその年齢における
    子どもの発達について話をします。
    子どもの成長・発達のために園や先生がどんなことを
    していくのかということを簡単に話します。
     
  • お誕生会:タイプ4
    *「将来なりたいものは?」「得意なことは?」
    子どもたちが自分の思いを語り成長を喜ぶ会に。
     
  • 避難訓練:タイプ4
    *毎月の積み重ねで少しずつできることを増やしていく。
    避難訓練はいつも子ども目線で。

    <5月>
     
  • 子どもの日:タイプ3
     
  • 保育参観:タイプ1
  • *保護者が関心を持ち、見たいものを都合のつく日に
    来れれるよう、保育の日案を提示する。
     
  • 親子遠足:タイプ2タイプ3
    *希望の難易度のコースを選び、
    親子でポイントを巡りながら地域との関わりを
    ふかめていく
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <6月>
     
  • 父親保育:タイプ2、タイプ4
    *有志の父親たちが自分の力で計画し運営する特別な一日。
    ダイナミックな遊びも生まれる。
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <7月>
     
  • 七夕会:タイプ3
     
  • 夕涼み会:タイプ3
    *年間のテーマに沿って内容を構成しながら、
    地域の方の力を活用して盛り上げていく。
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

       <8月>

  • お泊り会:タイプ4
    *安心して活動できる自園内で、いつもとは違う
    ダイナミックな遊びやっ活動を体験する昼と夜。
     
  • お誕生日会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <9月>
     
  • 引渡し訓練:タイプ4
    *非常時のために引渡し訓練は、近隣の小学校と
    連携し行う。保護者への説明を十分に。
     
  • 職員研修:タイプ4
    *子どもたちの降園が早くなる日を職員研修に利用して
    他園見学の勉強会に。
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <10月>
     
  • 運動会(午前):タイプ1
  • 運動会(午後):タイプ2
    *練習の結果を見せるのではなく、その子のそのときの
    発達をそのまま見せるよう心がける。
    午前は、子どもの発達を親に伝える、午後は、親子で
    体を動かして楽しむということに役割を分けているのです。
     
  • お月見会 :タイプ3
     
  • おいもほり:タイプ4
    *収穫の喜びを味わう、存分に土とふれあえる。
    栽培・調理・共食。これら、食べることに関する人間だけの
    固有の行動であり、食育の三本柱と言われています。
    自然への興味をは育み食育的な意義もあり、保育を厚くする。
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <11月>
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4


<12月>

  • おたのしみ会:タイプ1タイプ4
    *お楽しみ会の目的は、
    言語面と表現面を保護者に伝えること。
    毎日の遊びや活動の中から生まれた表現活動を、
    子どもたち自身が心から楽しみ共感する発表に。
     
  • おもちつき:タイプ2タイプ3
    *古くから伝わる行事は、地域ごとの伝統を生かして
    保護者と子どもたちに伝えていきたい。
     
  • クリスマスデイ:タイプ4
    *子どもたちが喜び 子どもたちのためになることを
    楽しさいっぱいの演出で盛り上げていく
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <1月>
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <2月>
     
  • 節分:タイプ3タイプ4
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4

    <3月>
     
  • ひな祭り:タイプ3タイプ4
     
  • 成長展:タイプ1タイプ2タイプ3タイプ4
    *健康・表現・人間関係・・・。さまざまな切り口で
    子どもの成長をわかりやすく伝え祝う一日。
     
  • お別れ会:タイプ4
    *卒園児と在園児の乳児との会食を通して等 小さい子との
    ふれあいで保育園からの巣立ちを実感する。
     
  • お別れ遠足:タイプ4
    *保育園の周囲の環境を生かし、年長さんの卒園後、
    入学を前に自信をつける特別なプログラムを。
     
  • 卒園式:タイプ4
    *生活に有意義な変化や折り目を付け、厳粛で清新な気分を
    味わい、小学校入学前のこの時期の新しい生活の展開への
    動機付けとなるようなセレモニーとする。
     
  • お誕生会:タイプ4
     
  • 避難訓練:タイプ4
     

 

★「保育園の行事」の4つの柱

  • タイプ1「その時々の子どもの発達を見せる」役割
  • タイプ2「親子のふれあいを促す(保護者の育ちを促す)」役割
  • タイプ3「地域の文化を伝承する」役割
  • タイプ4「保育を厚くする」役割

行事は日々の保育と噛み合わない悩みの種ではなく、
保育をわかりやすく可視化し保護者への
説明責任を果たすいい機会になり、
同時に保育を厚くし保育施設での日常を活気づける素敵な
ものになるはずです。

保育園の行事は、「日常の保育」にメリハリをつける「重要な保育」です。
みなさんの園でも、一つひとつの行事を検証し、今の保育に合った
よりよい形にしていってください。

子どもも保育者も保護者もみんなで
楽しめる行事が、子どもと保護者の育ちを促し、保育に豊かさを
もたらすことを願っています。

保育における「行事」
藤森平司著

子ども同士、また子どもとたくさんの先生や大人という人間関係の中で達成される子どもたちの発達は、
家庭の保護者にとって実はとても見えにくいものですが、行事には、子どもの成長をわかりやすく目に見える形で保護者に伝えられるという長所があります。

「保育園の行事」の本来の意味は何なのか?
どうして必要なのか?

それぞれの行事の存在意義を洗い直し、そしてもし現状が不本意なものになってしまっているならば本来のあるべき姿にしていくことが必要です。

有意義な「行事」を作りあげていくバイブル。
藤森平司先生の本『毎日の保育から生まれる 負担にならない行事実践事例が豊富です。

『保育における「行事」』の本をどうぞ書店にて
お求めください。
 

 

保育園の行事 成長展1

保育園の行事 成長展2

保育園の行事 成長展3

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践