< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

保育環境研究所ギビングツリー乳幼児教育法試案について

乳幼児教育法試案 平成 25 年 11 月 15 日

「保育環境研究所ギビングツリーでは、「乳幼児教育法試案」を提案します。

これは、日本で批准している強い拘束力のある国際法である「こどもの権利条約」を基に、

乳幼児教育に関する基本的な考え方を整理したものです。」

乳幼児教育法試案( Educational Concepts for Early Childhood)

 

1.すべての国民は、生まれながらにして 教育される権利がある。

All Japanese nationals have the right to be educated from birth.

 

2.乳幼児に対する教育は、子どもの最善の利益が 

最も大切にされることが 優先課題である。

It is important to begin children’s education at a very young age as this is in the best
interest of the child.

 

3.すべての乳幼児は、その発達において、今を大切にされ、自分らしく生きる権利がある。

All children have the right to receive the best possible care, beginning at birth.

 

4.乳幼児は、人格、才能 並びに精神的及び身体的な能力をその可能な最大限度まで発達
が保障される権利がある。

All children from early childhood have the right to develop their personalities, talents
and spiritual/physical abilities to their fullest potential.

 

5.乳幼児期は、生涯にわたっての教育の基礎を培う最も大切な時期であり、決して学校教
育の準備期としての教育であってはならない。ただし、人生の出発点をより強固にする
ために、その後の初等教育との接続を大切にする必要がある。

Early childhood is the most important time for building a foundation for life-long
education, not merely for preparing to enter school.
It is, however, necessary to give consideration to the importance of the transition from
pre-school to school in order to enable the child to successfully make this transition.

 

6.乳幼児期は、人として生きていくための意欲、探究心、社会の一員である意識、コミュ
ニケーション能力、身体的機能の調和的発達、自律と自立などを身につけていくことが
課題である。

Early childhood is a time for children as future-oriented human beings to cultivate
their motivations, explore their world, and develop their awareness. In addition, early
childhood is a time to learn communication skills, physical skills, and nurture
autonomy and independence.

 

7.乳幼児期における教育は、環境を通して行うことを基本とし、教育のために乳幼児に
とってのよい環境を用意しなければならない。

All young children are basically educated through the environments surrounding
them, and therefore we must prepare good educational environments for them.

 

8.乳幼児は、自分に影響する事項について自由に自己の意思を表明することができ、
自分に関係する事項については、その策定において参画することができる。

As early as possible, all children should be encouraged to express themselves freely
and participate in making decisions on matters relating to themselves.

 

9.すべての乳幼児においての尊厳を大切にされ、自立を妨げることを排除する。

The dignity of all children should be respected, and their independence should be
encouraged.

 

10.ここでいう乳幼児とは、生まれてからおおむね 8 歳までと定義する。

A child in early childhood is here defined to be below approximately eight years old. 

 

 

他の園の職員との交流

 情報交換する場を作り学びと交流を深めています。 

ギビングツリー(GT)

保育環境研究所ギビングツリー(GT)とは、、、

代表ご挨拶

子どもが主人公になるような保育を、、

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践