< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

主体的な活動(生活の場)としての園

園では、個と集団を保障する場を
つくっていかなければなりません。


主体的な活動をする子とは、自ら課題をみつけ、自ら考え行動する(やらされる、
やってもらう活動から、自分でやる活動のできる子)のことです。
そのために、自ら環境に働きかけることができなければなりません。
もちろん、この環境とは、空間だけのことをいうのではなく、人的(保育者(チーム)、
異年齢、地域)、物的(特定の活動を規定する遊具から、自分で工夫する遊具)、

空間(自然などの屋外空間、コーナーなどの室内空間)があります。
それらの環境の中で、子どもたちが無理のない選択と自己決定、
発達過程の確実な習得をする保育に変えるためには、個人の発達や人格の

発達を犠牲にしてつくられている、年齢の刷り込みによるカリキュラムでの保育を
見直さなければならないでしょう。
そして、園では、個と集団を保障(個と集団の両立から、相互作用)する場を
つくっていかなければなりません。

次のページ <自発的な活動としての園>へ⇒

 

 

チーム保育のメリット 新しい職員集団とは?

子ども達のお腹も心もいっぱいにできる食事づくり、、、

常に学び勉強ができる体制を持って 保育に取り組んでいます。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践