< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

自発的な活動としての園

子どもが主体的にかかわる環境を用意

保育室を、遊びのミュージアムとし、
子どもの自発的な活動、子どもが主体的に
かかわる
環境を用意します。

そうすることで、子どもは、受身型から参加型に変わり、
保育者の「教える保育」から「子ども自ら活動する保育」への発想の転換が図れます。

保育者も、どちらかというと、ティーチャーではなく、ファシリテーターになります。
教えるのではなく、引き出し役とか、進行役になるのです。
やってあげる保育から、それぞれの子どもの違いを認め、それに寄り添い、見守る保育です。
そして、子ども集団を、ねらいに応じた集団、子どもにとって生き生きと活動できる集団、
子どもにとって発達が保障される集団になるように考え、クラス集団と保育活動集団も柔軟に考えます。

次のページ<一人ひとりの特性を>⇒

 

 

「食育」について、見学のポイントを書いています。

保育者とのかかわりは、朝の挨拶から始まります、、

園の行事も多いが みんな楽しんで企画から演出、そして制作まで手作りで、、、

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践