< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

一人ひとりの特性を

何をそれぞれが受け取れるか!?


与える教育・保育から、一人ひとりが自ら活動する保育に変えるとき、当然、何を与えるかという課題から、何をそれぞれが受け取れるかという課題に変わります。

したがって、当然、「平等」という考え方も変わってきます。みな等しく同じものを与えることから、
当然、「平等」という考え方も変わってきます。

みな等しく同じものを与えることから、みな等しく
同じものを受け取れるということになります。

ここに「インクルージョン」という考え方が必要になってきます。

「インテグレーション」から一歩進めた考え方です。

これは、たとえば、障害児と健常児というように分けた子どもを、
一緒に保育するといった統合保育というインテグレーションから、
障害児も健常児もみな同じであり、その中でそれぞれの特性に応じて
必要なケアをするインクルージョンという考え方、すべての子どもに

すべての教育をという考え方に変えていくことです。


次のページ<人とかかわる力>へ⇒

 

 

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践