< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

恵・YOU保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①倉掛 秀人②小川 明美③秋山 由美④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育所(現在)  受審時は、東京都認証保育園A型
恵・YOU保育園〒120-0003℡03-5697-2597
所在地東京都足立区東綾瀬1丁目9番4号2F
設置者株式会社恵YOU 代表取締役 植松 かをる

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

第三者評価を受審するにあたって書きまとめることで、更に課題が浮き彫りになり、整理され目先が明るくなりました。
このように評価頂き律して保育を深めて行きたいと思いました。
藤森メゾットを良く知る評価者の方々による聞き取り調査は、保育を建前から追跡調査する調査と比べて、私どもが子どもの育ちに沿って受入れ、指針に沿って身につけていく過程を理解して評価くださるので、新たなやる気に繋がりました。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)人間関係
2)信頼 (違う者同士がお互いに認め合う)
3)子どもも職員も主体性が育つ環境作り
4)社会の一員として誠実に責任を果たすこと
5)安心・安全・共存の基地に

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

子どもが生まれて最初に出会う人の代表として恥ずかしくない人であること。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

未来の大人を育てる大切な役割を自覚して研鑚を怠らず、子どもに関わる全てに感受性を持ってあたり守り引率出来る事を楽しみ喜べること。

特に良いと思う点

タイトル同法人の経営は、保育の質の高さが認められ認可保育園になることが決まるなど、子どもと子育てにやさしい社会づくりになっている
内容子どもの最善の利益と保護者の子育て支援を追究している同法人の経営姿勢は、目の前の親子の幸せを願うことから始めた経営であることに変わりはない。
法人代表は「やらなければならないことをただやってきたらこうなった」と考えているだろう。
それが結果的に助かる親子が増え、子どもの発達が保障され、今年度から幼稚園へ転園しなくても就学前までの教育が受けられるという結果になり、来年度からは結果的に認可保育所としてスタートする。変わらない信念。
いいと思ったことをやらないのは悪だ。その積み重ねが本園の道を拓いてきた。
タイトル本園は国が求めている子ども主体の保育、自発的な遊び、環境を通した保育が行われており、子どもの発達が保障されている
内容本園が良いと思って創ってきた保育が、国が求めている保育所保育指針の内容を具現化したものになっている。
子ども主体の保育、一人ひとりの個人差に配慮する保育、子ども同士の関係やお互いに尊重する心を大切にする保育、子どもが自発的、意欲的に関われる環境のある保育。
これは保育所保育指針第1章総則の「保育の原理」に書かれていることで、すべての認可保育園が遵守しなければならないものである。
本園はこれを遵守している。できていると思っている認可保育園も多いが、実際にできている園は少ない。本園ではこれが実現している。
タイトル経営層はより良い保育を求めて保育理念の進化と職員及び組織の能力向上に努めており、その成果が園全体の意欲となって現れている
内容法人代表は子どもが主体的に活動し、たくましく育っていく姿を思い描きながら、その実現に向けて保育環境の整備や職員の育成に力を注いている。
経営層は経営の目的が事業拡大にあるというよりも、むしろ子どもの発達保障に重点を置いているので、保育理念や保育方針が進化していくことに事業の成果を見出している。
その成果を見定めながら、もっとよくするためにはどうするか、という視点から課題を設定してくので、事業展開は自ずとPDCAサイクルになっており、職員研修にもその好循環が見出される。
理念を深め職能向上を図る組織になっている。

事業者が特に力を入れている取組み

イトル①先進事例に学ぶ経営層の姿勢が、職員一人ひとりの目的意識や意欲を育んでいる
内容①園長を始め多くの職員が、見学や体験によって先進事例から学んでいる。
実際に保育を見て学ぶことが最も効果的だと、参加した職員はいう。法人代表も「子どもにいいと思ったら即実行」とフットワークが良い。
こうした職場の風土が、職員一人ひとりの主体的な研修姿勢を育み、課題意識を持って研修に参加することに結びついている。
特に注目したいのは、そうした学びを個人だけのものに留めずに、組織全体の知恵として働かせるために、情報共有のシステムを導入したこと。
これによって職員の判断や行動の質が高まり、組織全体の学びが深まっている。
タイトル②子ども一人一人の遊びへの興味関心を汲み取り保育環境に変化をもたせている
内容②毎日繰り返す遊びや生活の活動は、子どもの経験の積み重ねとなっている。
新しい保育室は、子どもの年齢枠にとらわれず、一人一人の発達やその日の様子に合わせた活動を自ら選ぶことのできる遊び、生活の環境となっている。
0歳児の子どもは、午前寝る子どもに合わせた環境を作り、3歳以上児は製作のコーナーを設定して季節感を表現したり他者を模倣して作成することもでき、また、独自性を持たせる工夫した表現もできるようにコーナーを設けている。
そして、職員が子どもの一人ひとりの興味関心を共有することにより豊かな遊びを展開できている。
タイトル③園と保護者、保護者同士の共通理解に努め、保護者との信頼関係が構築されている
内容③保護者への柔軟な対応を心がけており、保護者の子育てや就労等の個々の状況を把握するとともに、園全体で配慮している。
行事の前後では、園の理念や行事の目的をわかりやすく説明した園だよりや園児のその時の様子を写真と文章で掲示することで保育園の職員と保護者の信頼関係を深めている。
また、その行事で、保護者同士が交流できる機会を設け、その後の保護者主体の交流へつなげ、同じ世代の子どもを持つ親同士が意見交換ができるようにしている。
このような保護者への配慮を通して、保育園への保護者の理解が進んでいて評価も高まってる。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①保育の目標である「子どもの主体性を尊重する保育」に真摯に取り組んでいる
内容①0歳児から5歳児までそれぞれの年齢の年間保育目標が定められている。
園の保育目標が、「子どもが主役の子どもの立場を尊重する保育」であり、
一人ひとり丁寧にかかわる保育を取り組みむ様子が日報に記録されている。
また、「子どもの主体性を尊重する保育」が掲げられ、子どもが好きなことを十分にできることを保障する保育を目標とし、毎日、子どもがどのようなことに関心を寄せているのかを読み取り、興味関心が継続するよう環境構成に努めている。
それぞれの子どもが興味を持って取り組めるように子ども自らが遊びを選択する環境を整えている。
タイトル②自主的、自発的に社会集団の中で自分を表現できるよう援助している
内容②子どもが発達に必要な経験ができるように保育のねらいを定めている。
0歳児では保育士と関わりを持ち信頼関係を築くことで安心して他者と関わることができるようにしている。
他者に興味関心を持ち始めた頃は、保育室内も遊びの空間、玩具の配置を変えている。生活や遊びの中で順番や決まりがあることを知らせ、子どもが主体的に遊びに参加できるように玩具を工夫している。
また、異年齢児保育では、保育者が愛情を持って一緒に遊ぶ楽しさを伝え、お当番をすることで感謝の気持ちや協力することの喜びを感じる心の成長に努めている。
タイトル③戸外活動や室内の制作を繰り返す中で自然の変化に気づき遊びを豊かにしている
内容③近隣の地域にはたくさんの公園が存在する。
好天の日は、散歩に出かけることを日課にしている。毎日繰り返されることで散歩途中の街路樹の変化や公園の木々、人の服装に関心を寄せるよう保育者は言葉で伝えている。外気に触れ存分に体を動かすことにより、暑さや寒さを知り、夏にはせみの鳴き声に気づいたりしている。
また、室内環境には、玄関や窓に季節の装飾をし、視覚を通して季節を知らせている。
雨の日は季節のものを作って飾ることや、晴れた日は散歩に出かけたときの自然の様子に興味関心を深め、遊びが豊かに展開するよう支援している。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①保護者の行事への理解と参加を促すためにさまざまな工夫をしている
内容①行事は保護者会・夏祭り・運動会・誕生会など年間を通じて実施している。
これらの行事は送迎時に会う機会の少ない保護者が集まるため、情報交換をする良い機会にもなっている。
年間行事の予定は、新年度早々に保護者に伝え、行事への期待と時間的な余裕を持ってもらっている。
運動会は近隣の小学校の体育館を借り、広い会場によって多くの保護者が観覧できるようにしている。
また、保護者にはクラス対抗競技で参加賞を出したり、兄弟や祖父母にも参加してもらうなど、保護者間のコミュニケーション作りの一環となっている。
タイトル②子どもが意欲的に参加できるように日常から計画し取り組んでいる
内容②夏祭りは、子どもたちが育てた梅のジュースを参加者へ提供する。
またスイカ割のスイカを子どもたちが近隣から買ってくる。
このように、行事当日までの準備を子どもが意欲的に取り組めるようにしている。
また、4歳児の子どもが家庭菜園でミニトマトを育て、それを使ってピザを焼き、小さい子どもたちに配っている。
調理したものを喜んで食べてもらう経験は、心の成長の糧にもなっている。
そのほか、時の記念日には地域に時計を見に行き、敬老の日には手紙を書くなど、興味や関心を寄せられるような工夫を積み重ねている。
タイトル③一人ひとりを大切にしながら、地域のいろいろな人との関係を豊かにしている
内容③毎月行われる誕生会は、その月の誕生児が玄関に写真で掲示され、園全体で誕生を喜べるようにしている。
またその日の給食は、子どもたちのリクエストによる献立で祝う。さらに地域の教育機関にでかけ交流する行事もある。
たとえば近隣の保育所からミニ運動会や発表会に招かれたり、小学校の避難訓練で消防自動車を見せてもらうなど、園児が近隣の子どもたちと親しむ機会になっている。また障害者施設とも交流している。
このように行事でも、子どもたち一人ひとりを大切にしながら、様々な人との関係性を育てている。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①野菜の栽培やクッキング保育を通して食への興味・関心を高め、保護者も楽しんでいる
内容①野菜栽培を通じて子どもの食への興味を高め、保護者も関心を寄せている。
野菜のプランターは玄関近くにおき、子どもや保護者の目に止まりやすくしている。
この食育活動は、種や苗を植えるところから始め、水やりをしたり、実るまでの経過を写真で掲示したりと、野菜の成長に興味を抱くようにしている。
実った野菜は展示し、数は少なくても、料理や味に期待感を持ったり、みんなで食事をする喜びを感じるようにしている。
子どもたちは、野菜栽培やクッキング保育を通じて、苦手な野菜にも興味を示すなど食への関心が高まっている。
タイトル②食育の計画は保育課程を基盤に年齢ごとに4期にわけ、また個別にも配慮している
内容②食育の計画は年齢別で年間を4期に分けている。0歳児は個人差が著しいため、家庭での食事の様子や、離乳食の形態などの情報を得て、園での個別の食事に活かしている。また子どものその日の体調により、ご飯を柔らかくしたり、細かくカットしたりといった配慮も欠かさない。またアレルギー児の食事は、医師の診断書に従い、除去や代替えの食事を提供している。誤植を防止し安全に食べられるように、確認票を掲示したり、トレーを変えたりといった工夫をしている。また外国籍の子どもなど食文化の違いにも配慮し個別に対応している。
タイトル③ 
内容③ 

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践