< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

新宿こだま保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①谷口 仁宏②倉掛 秀人③秋山 由美
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育園
新宿こだま保育園〒161-0032℡03-5988-7807
所在地東京都新宿区中落合25-19
園長  石田 亜由美

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

第三者評価を受審して、まずは利用者調査の中にGTオリジナルの内容を入れて頂いたことで、保護者の方が改めて私たちが進めている保育の内容を感じてもらう機会が出来たのではないかと思います。
また、保育園の環境や職員の日々進めている保育の内容について、評価者の先生方から良い点を沢山見つけて頂き、確認する機会を持つことが出来ました。
評価後のフィードバックの内容や利用者アンケートの中の、少数意見についても職員会議の中で話し合うことが出来、子ども達の育ちを保障した環境をどのように整えるかをベースに子ども達の生涯を見据えた保育を進めていきたいと思います。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)「じりつ」と「協力」 子どもの未来をきり拓き、地域と職員の幸せを実現する
2)生涯を通じて、社会を生きる力を培うことができる共異体の創造
3)見守る保育 子どもの発達・主体性,を促すための環境
4)チーム保育 チームワークを生かした保育者集団作り
5)職員ワークライフバランス

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

職員間倫理・チームワークを生かした保育者集団・お互いを認め合える集団・大きな声や強い言葉を使わない集団・叱ることではなく、一緒に考えることが出来る集団・与えられた時間を厳守し、適切な仕事を追求すると共に、見守る保育を創造する集団・組織的な指示を厳守すると共に、意図を捉え、柔軟な対応が出来る集団主体性を持ち、問題解決力とコミュニケーション能力を持った人材。
健康で豊かな生活ができるワークライフバランスを共に考えられる人材。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

職員のお互いの良い点を認め合い、単なる順番や序列にこだわらず、
それぞれの得意分野を活かした保育を実践する。
さらに、職員間のスキルを平均化する為には、標準とする職員を前面に出し、
ベテランの「見守り」により保育を実践するスタイルとする。
経験を多く持つベテランならではゆとりを持った「見守り」により、何をしたいかを実現し、的確なサポートを行うことで、チーム力を上げる様努めてほしい。

特に良いと思う点

タイトル本園の保育環境は、物的にも空間的にも人的にも子ども主体の保育を展開するためによく考え抜かれており、保育原理をよく具体化している
内容本園は「環境を通した保育」の具体化が際立っている。保育の環境については、現行の保育所保育指針で初めて保育の3原理(目標・方法・環境)の一つに位置付けられたが、本園は環境に関する4項目を次のようにすべて満たしている。
①子ども自らが環境に関わり、自発的に活動し、様々な経験を積んでいる
②子どもの活動が豊かに展開されるよう設備や環境を整えている
③保育室が温かな親しみとくつろぎの場となっている
④異年齢児保育により、子ども自らが周囲の子どもや大人と関わっていくことができる。保育原理を具体化したモデルの一つといえよう。
タイトル小さい子どもから職員までが食をめぐる活動を「面白い」「美味しい」と楽しんでおり、その愉快な雰囲気が子ども主体の保育と調和している
内容

子どもの本分は遊びにありといい、寝る子はよく育つという。本園はもう一つ「命の源は食にあり」が実感できる保育である。
食欲は健康のバロメーターというように、よく遊んだ子どもたちがお腹を空かせ、今日のお昼はなんだろうとワクワクする姿がある。
園庭で先ほどもぎ取ったみかんが早速スムーズジーになるなど先生と一緒に作り上げる園生活が生き生きとしており、まるで即興劇のよう生まれるレシピを楽しんでいるように見える。
本園が長年にわたって培ってきた食育の知恵とスキルが、子ども主体の保育とうまく調和し、いい「味わい」を出している。

タイトル園が培ってきた子育てのノウハウや楽しさを地域の中の子育て家庭に伝える役割をしている
内容

本園の願いの一つは、保護者と一緒に子育てをし、成長を喜び合い、共に育つことを目標とし、生涯を通じて人と協力し、地域を支えることのできる子どもたちを育てることである。
それを実現するための保育実践の中に子育てのノウハウや楽しさがある。これを園長は園だより「さくら」で伝えようと、内容を吟味して読みやすいようにしている。たとえば運動会のねらいには、子どもの運動面の発達だけでなく、友だちと一緒に楽しむことや、秋空の下で体を動かす心地よさの体験でも含まれている。このように行事一つにも冒頭の願いが込められている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①思わず遊びたくなるような環境や活動が多く用意され、子どもの主体性が育っている
内容①本園は「環境を通して子ども達は育つ」との考えを重視しており、保育環境の捉え方が幅広い。保育士や看護師、栄養士のほか食育コーディネーターや運動遊びの専門講師など、多様な職種が環境を作り上げている。
室内には思わずやってみたくなるような遊具や道具がゾーンごとに子どもの目の高さのラックで配置されており、絵本、パズル、ゲーム、積み木、絵画製作、見立て遊び、観察などに熱中して遊び込めるようになっている。
自然や食をめぐる遊びの展開が豊かで、子どもの興味や関心に基づくゾーニングの質と量は世界標準の尺度をクリアしている。
タイトル②食をめぐる様々な活動が用意され、食育はもちろん豊かな教育的効果を上げている
内容②

全ての園児が食事そのものを含め、栽培や収穫、調理など様々な活動にかかわることが教育のねらいと一致している。食育活動というよりも「子どもの保育は食にあり」とでも言えるほど、園生活の隅々に良質な食生活が浸透し、教育的な学びと関連し合っている。
多くの職員が「クッキングを通して待てるようになっている。その間に育っていることが多い」と口をそろえる。実際のところ、食育を超えて、手先の運動、耐性や対人知性、集中力、自然や食文化の興味や考える力、科学的概念への気づき、表現することの楽しさなどの学びにつながっている。

タイトル③園は家庭と連携して子ども一人ひとりの育ちを大切にし地域のコミュニティになっている
内容③

公園や買い物に行くなど日課になっている散歩では、保育士が率先して近隣の方々に挨拶をしている。子どもたちもその姿を見ながら、真似して元気よく挨拶をしている。
ある日散歩途中に雨が降り、近隣の方から傘を貸してもらったり、雨宿りをさせてもらったことがある。こうして安心して子どもの成長を見守る地域のやさしさを、子どもたちは身を持って体験している。
園は保護者に向けて、この散歩途中のエピソードなど子ども成長について電子版や連絡帳、あるいは直接話をすることで伝えることを心がけ、保護者が安心して過ごせるよう支援をしている。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル熱中できる生活や遊びが子どもの表現を生み出しながら豊かな展開をもたらしている
内容①

子どもが生き生きと取り組んでいる姿を観察すると、子どもが意欲的になる年間計画があることがわかる。
例えば数人の子どもたちが白いカードに自分の名前を書いていたのは、最近脱穀した米の籾殻を取る時の掲示物だった。
1年を通じて育てる「米ができるまで」の一環である。
ある年長さんは積み木で作った乗り物について「妖精のいたずら」と説明してくれたが、何かのお話を再現したものらしい。
このように生活や遊びの中に見られる子どもの表現に、豊かな連続性が感じられる。
子どもの意欲が引き出される活動のテーマが生活の中に埋め込まれている。

タイトル②課題保育では習熟度別選択や順序性選択を組み合わせ普段の生活と遊びを深めている
内容②

子どもが自分で選ぶ遊びには、発達欲求が含まれていることが多く、その経験によって発達が促されているが、一方で具体的な活動内容に偏りが生じる可能性もある。
その点、本園の遊びの環境は同じ発達課題に対して遊具や素材のバリエーションが豊かである。さらに午前中の課題保育の時間には、担任が普段の生活や遊びの様子を見て、発達の習熟度で選択できる活動を用意する方法と、誰もが経験してほしい活動では、順序を選べる方法とを組み合わせている。
本園の保育はそのバランスを取っているところに従来の自由遊びとは異なる先進性な特徴が見られる。

タイトル③学年別クラスと異年齢児クラスを併存させ、関係の発達に必要な経験を可能にしている
内容③

子どもの生活や遊びをより豊かにするために、集団規模も工夫している。実のなる木の名前がついた学年別のクラスとは別に、0〜1歳、2歳、3〜5歳の3つで異年齢児保育を充実させている。
これは個々の発達が異なることに丁寧に応じるためで、12ヶ月の月齢差が生じるクラス別保育ではなく、異学年の編成によって本当に発達の近い子ども同士が遊びこめ、また反対に発達の異なる子ども同士が十分にかかわることが可能となる。
小さい子どもへの配慮やモデルとなる自意識も育ち、相手の思いに気付き、
協力して何かを達成できる経験が生まれている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①子どもの主体性が発揮されるように、やり遂げる過程で生まれるドラマを大事にしている
内容①

本園の行事は、日々の保育と同様に、子どもたちの主体性を尊重しており、子ども自らが目的と自分の役割を考え、何をやるか選び、そして仲間と話し合うというプロセスをとても大切にしている。
そうすることで誕生会、お泊り保育、運動会、生活発表会など、それぞれの趣旨に合った形で子どもたちが目標に向け達成感や喜びを味わえるようにしている。例えば運動会のリレーは、誰がアンカーを務めるかでドラマが生まれるが、意見のぶつかり合いや葛藤などを得て成長する過程を、本園は保護者と共に支えあっている。

タイトル②子どもたちが自ら取り組みたくなるように普段の生活と話し合いを大切にしている
内容②

行事も子ども主体の保育となっている。例えば生活発表会の当日。舞台の横で練習風景やその日までの取り組みの様子をスライドで紹介していた時だった。「ねえ先生、もう今日で終わっちゃうの」。スライドを見ながら待っている子どもたちが、そう言った。先生が実感した瞬間だった。
「子どもたちが劇遊びを楽しみ、自ら進んで取り組めるような行事になっていたんだ」と。生活発表会に限らず、子どもたちが自ら取り組みたくなるように、先生たちは普段の保育の中から、それぞれの行事のテーマに合わせた導入や子どもたちの話し合いを大切にしている。

タイトル③行事は見栄えではなく子どもの育ちを伝える機会であることに成功している
内容③

保護者参観の行事は、子どもの成長を伝えることを重視してきた。それは保護者にも好評である。「とても頼もしい姿でした。スタート前の緊張している顔、お友達と助け合っていた組体操、笑顔の玉入れ、どの姿もしっかりと目に焼き付けました。ずっと感動しっぱなしでした。やり切ったことでまた自信をつけ一つ成長してくれると嬉しいです」。こんな感想が多い。
出来栄えを見せるのではなく一人ひとりの成長を伝えることに成功している。開園して6年目、これまでの積み重ねにより、子どもたちの成長を保護者と共に喜べる園となっていることがわかる。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①自発的な活動としての食を豊かにするために環境や食育活動が工夫されている
内容①

自発的な活動としての食を豊かにするために、各部屋に様々な工夫が見られる。乳児室にはゆったりと静かな授乳スペースがあり、調理室の前では手づかみ食べに始まり自発的な喫食行動を育むようデザインされたテーブルと椅子が配置されている。
幼児室では適量をよそってもらうビッフェ方式の対面式配膳台とランチルームがある。その日の給食で使われている食材は、子どもたちが三大栄養素に分類し食材への興味を深めている。
日本全国の郷土料理のレシピと写真を保護者と一緒に集めるなど保護者と一緒に食を豊かにしている。

タイトル②2歳から始まるクッキングは日常的なもので、子どもたちは楽しみにしている
内容②

早くも2歳から始まるクッキングでは、たとえばプランターのラディッシュや里芋を切って茹でて潰して醤油、味噌、塩で食べ比べてみたり、肉を叩いて柔らかくしたり、あるいはフライ返しを先生に手伝ってもらうなどしている。
幼児になると子どもたちはお米や野菜の栽培や収穫、調理、共食まで楽しんでいる。その様子は写真によるドキュメンテーションで掲示されており、見学時に貼ってあった姉妹園3園合同の芋掘りや大学芋作りは、子どもらの歓声が聞こえてきそうだ。子どもたちは、こうした活動で生命や自然の環境に触れ、
興味や関心を育てている。

タイトル③絵本や遊具、ままごとコーナーなども食の活動と連動して遊びを豊かにしている
内容③

食の活動は遊びのゾーンとも連動している。ベランダにスイカやみかんを種から育てているプランターが置かれ、保育室のくつろぎゾーンからすぐ見える。イチゴやバナナの絵が描かれている手作りカード絵本、20週類以上の野菜が絵になっているパズル、野菜の絵が豊富な絵本や図鑑、子どもの名前の頭文字で始まる食べ物の言葉遊びカード、見立て遊びのままごとコーナーにはピザやケーキなどレストランのメニュー表もある。魚釣りセットや箸を正しく保つための遊び道具のほか、芋掘りのときのツルは輪になり、クリスマスリースになることを待っている。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践