< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

光明高倉保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①谷口 仁宏②浅野 睦③中山 利彦④倉掛 秀人
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育園
光明高倉保育園〒183-0033℡042-330-2005
所在地東京都府中市分梅町1-31
園長  林 昭宏

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

当法人の目指す保育を理解して頂き、それに向かい取り組み途中段階の当園の状況を評価して頂いたことで、職員各々が今行っている保育の意味を改めて確認と実感することが出来ました。
また、インタビューの際には、職員と同じ目線で話を聞いて頂き、自園の保育を語る楽しさや気づきにも繋がり、今後、更に目指す保育の実現に向けて進めていくヒントとなりました。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

地域の人々が安心して輝いた人生を実現できるように支援することを目指し、保育所職員は、子どもの想いを受け止め、保護者の子育てを支える。

1)子どもの最善の利益の保障
2)生きる力の基礎育成
3)保護者との協働
4)守秘義務の順守
5)保育の質の自己評価
6)地域の子育て支援

以上をを使命として取組む。

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

・子どもを一人の人間として尊重し、子どもの立場に立って考え、
 一人ひとりの発達に合わせた援助ができる職員。
・子どもに、生きる喜びと困難な状況に対処する力を育もうとする職員。
・子どもと保護者の置かれた状況や自己決定の権利を十分に受け止め尊重し、
 その想いに寄り添える職員。
・チームワークと関係専門機関との連携を大切にし、子どもの視点に立てる職員。
・知りえた個人情報や秘密を守れる職員。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

・子どもの育とうとする力を信じ、養護と教育が一体となった保育を通して、
 保育環境を整えること。
・保育者としてそれぞれの専門性を発揮し、チームワークを大切にすること。
・自らの保育を振り返り、保育の質の向上を目指すこと。
・保護者と共感し、安心して子育てができる環境を提供すること。

特に良いと思う点

タイトル和の保育を主軸とした多彩な活動の中で、子どもの思いを受容した援助が、子ども主体の生活を進展させている
内容

本園は今年度、府中市立の保育園から民営化して1年目である。

数年前から子ども主体の保育へと改革を進めてきており、子どもたちが意欲的に生活している様子が印象的である。

本園の保育の特徴は、園内や戸外の遊びや食育活動、行事、身体的な運動や地域への訪問交流など、実践が多彩であり、その中心に「和の保育」が位置していることだろう。

特に良いのは、その多彩な活動の経験が、子どもの「生きる力の基礎」となるように、職員が子どもの思いを受容し、その思いに沿って環境を構成したり、援助を工夫しようとしていることである。

タイトル保育のテーマごとにある6つの委員会が実効性の高い研修を企画し、職員の専門性を高める効果を上げている
内容

本園は目指す保育を実現するための組織的なOJTがよく機能している。
6つの委員会(人権擁護、安全管理、事例検討、保育研究、給食、衛生)が企画する研修は実践に活かしやすいものが多い。例えば最近では、アスレチック遊具で「やっていい遊びはどこまでか」を話し合い、遊具の持つ特性などを理解しあった。
また事例検討の中から、発達に課題のある子どもにとって効果があるダンスを、保育に取り入れることに結びついた。
発達過程から環境を作り出すヒント集を朝会で毎日職員が復唱し、実践のセンスを磨くといったことも続けている。

タイトル年齢別活動の中で個人差を保障する一方、クラスを超えた交流や関わりを多く作り異年齢児保育が関係性の発達を促進している
内容

年齢別のクラス運営を基本としながらも、学年を超えて異年齢児保育や食事、行事などで発達の差を活かした保育が色々な面で発達を促している。
まずクラス別の一斉活動の中でも選択できるようにして個別の欲求を満たし、一人ひとりの発達を促している。
同程度の発達の子ども同士が力を合わせて何かを達成する喜びも得ている。
一方、異年齢児が交流する場面を意図的に多く作り出しており、例えば園庭での自由遊びやホールでの食事、お遊戯会の発表など、年上の子どもへの憧れや年下の子への思いやりなど、人と関わる力も育っている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①子どもの自発的行動を促すため、選ぶことを大切にして、心の動きに沿って援助している
内容①自ら考えて行動できるような子どもを育てようと、子どもが「選ぶ」ことができる環境を豊かにしてきた。
一見、同じようなことをしているように見えて、一人ひとりの発達にあった過ごし方や遊びを選んでいる。
職員はその様子をよく見ながら、リスク管理と同時に、子どもの思いや心の動きに沿った援助に努めている。
それは遊び、食事、午睡・休憩、園庭遊びや散歩など、1日の生活のあらゆる場面で見られた。
この意欲的な子どもの姿は、行事の取り組みにも顕著に現れており、子どもたちが自分たちで活動を作り上げている。
タイトル②職員は子ども、発達、環境の関係をOJTで学びながら子どもの経験する質を高めている
内容②保育の質を高めることは、子どもの経験の質を高めることだが、そのためには望ましい環境を用意し、子どもの発達心理に基づいた援助が必要である。
そこで本園は職員が子どもの心の動きに沿った援助ができるように、子どもの内面理解、発達の状況把握、子どもと環境との関係について学びを深めてきている。
具体的には、保育日誌のエピソード記述、園長が編集した指針解説冊子の毎朝の復唱、園庭の遊具遊びを分析した子どもの発達理解のための研修などが、それに当たる。
このような、保育の課題を明確に捉えたOJTの積み重ねが保育の質を高めている。
タイトル③子育て支援が充実しており「大きな家」のように居心地のいい場所になっている
内容③

保育園が地域の中の「大きな家」となるべく、様々な保育ニーズに応えた事業を展開している。
在園している保護者にとって午後10時までの延長保育や日祭日、年末年始の休日保育は、ライフワークバランスのためにも、心強いセーフティネットである。
園行事の保育参加やその後の個人面談、年3回の懇親会などで保護者との信頼関係も厚い。また地域で子育てをしている保護者にとっても、子育て支援事業(ひろば)や一時預かり保育、あるいは午後10時までのトワイライトステイ事業などが利用できる。地域の親子にとっても居心地のいい場所になっている。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル保育課程の内容が身につくために、子どもの自発性を育てる保育が展開されている
内容①

「思い、考え、動く人へ」。こんなタイトルのついた法人発行のカラーリーフレット(A5サイズ16ページ)が今年度、新しく発行された。
このタイトルの言葉の前には「みずからの意思、みずからの力で」がついている。そこに法人がここ数年、目指し直している子どもの姿が現れている。
つまり「自ら」「自発的に」「自律した」子どもである。
これは幼児教育の三本柱の一つと同じであり、教育のねらいが「心情・意欲・態度」で構成され、意欲が中心にあることに通じている。法人が大切にしている保育内容「和の保育」が実現しやすくなってきている。

タイトル②発達にあった援助を行うために、ふさわしい援助内容の考え方をヒント集で解説している
内容②

園長が編集した保育過程の解説冊子「ヒントコメント一覧」(A5サイズ56ページ)が秀逸である。
法人共通の「和の保育」が目指す子どもの姿は、保育所保育指針の発達過程に当てはめると、就学前後の姿に位置づくと想定している。
これによって保育所保育指針の内容を身につけることと、和の保育の内容を身につけることの関係が明確になっている。
それぞれの領域は、子どもの姿を発達の側面から切り取った視点である。
いずれも活動の種類ではなく、同じ活動であっても、子どもによって経験している内容は異なることが多いことを踏まえている。

タイトル③子どもの心情体験を指針と和の保育の領域で捉えながら、個別の発達を促している
内容③

子どもの経験は教育の5領域でも和の保育の4領域でも説明できる。
例えば介護予防センターを訪問した時、ラグビー選手と交流しているが、
その時の心情体験や非認知的体験は、一人ずつ異なり、どの領域から見るとその子にとって妥当かは、そばにいる保育者の理解にかかっている。
保育目標が個々の子どもにどのように達成されていくかは、保育者が理解するしかない。このことをリーダー層はよく知っている。
子どもの経験が豊かになる一斉活動を与えながら多様な発達を促しており、課題は「自ら」を生み出す選択機会になっているか否かの見極めである。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①子どもが意欲的で自発的に活動する姿を行事でも見てもらうように変化してきている
内容①

園が目指し直している子どもの自律した姿、自発的に活動する意欲的な姿。
行事もこの姿を伝えるものに変化してきている。
例えば、今年度の作品展は動物園を作ったが、それは子どもの思いや考えに寄り添いながら、発展していったもので、いわば「子どもプロデュース」の作品展である。
これまでは先生プロデュースで製作者が子どもだった。
また「見守る保育」というブースも用意し「子どもが自分で考えて、自発的に活動する大切さ」を訴えた。
作品数が減って寂しいという感想もあったが、今後は数もこれまで以上に圧倒的に増えるに違いない。

タイトル②意欲的に取り組んだ行事が子ども同士を刺激しあい、新たな意欲を生み出している
内容②

子ども同士が協力して何かを作り上げる協同性も、意欲的なものになっている。例えば遊戯会(0〜5歳クラス)が終わった10日後、2歳児を含めた幼児組が「解散コンサート」を開き、年齢別に踊り納めとなった。
ところが低学年の子どもたちが年長の姿に強く憧れていたのか、そのあとも子ども同士がダンスを教えあった。
自然発生的な子ども同士が交流する姿に、保育者は「人間としての成長を感じる」と書いている。また保護者も楽しそうに眺めていたという。
行事は子どもには一つのゴールだが、保育者は「さらに発達を促す環境にしたい」と考えている。

タイトル③多様な人々との触れ合う行事も多く、普段味わえない気持ちや感動を覚えている
内容③

行事は様々な人々との交流を促している。ボランティア団体による絵本の読み聞かせ会は月1回。書道の指導もボランティアの力を借りている。
子どもたちは大学生や高齢者など、いろんな年齢層と触れ合うことで、多様な人間関係を体験している。例えば高齢者に可愛がられて嬉しい思いを抱くことがあり、保育者は「無償の愛を肌で感じているのではないか」という。
また地域の方による伝承遊び(福笑い、かごめかごめ)もある。高齢者による素話(すばなし)は貴重で、「保育者もやらないから、子どもにとって言葉だけでイメージする体験」になっている。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①多様な食材と調理方法が持ち味の和の食事が、毎日の生活に潤いを与えている
内容①

毎日の献立は、専任の栄養士が年間を通じて立てる完全給食(主食、主菜、副菜、果物など)である。
和食が中心で、色々な食材を用いており、栄養バランスが良い。
日本各地の郷土食にも目を配り、四季折々のその地の食材を活かした日本の調理方法にも接することができる。日本食が世界の文化遺産になっているが、その良さを乳幼児期から体験できる食になっているといってよい。
和の食習慣にも配慮されている。毎月の食育目標が定めれており、よく噛んで食べ、季節の味覚を楽しみ、日々の食事に感謝できる子どもを育てようとしている。

タイトル②年間を通した行事食を通じて、日本の豊かな食文化に接する機会を用意している
内容②

食育における「和の保育」は、年間を通じて計画されている行事食にも注目したい。これは法人全体で共通の内容になっており「園のしおり」にも、載せている。
季節ごとの行事を知り、その由来や伝統を守り引き継いでいくためのもの。
端午の節句はかしわ餅かちまき、土用の丑の日はうなぎ、重陽の節句は食用菊、敬老会はお赤飯、9月のお彼岸はおはぎ、冬至は南瓜、七草は七草粥、節分は鰯、ひな祭りは桜餅、3月のお彼岸はぼた餅などが用意される。意識しないと私たちの食生活から無くなりそうな日本の食文化である。

タイトル③発達にあった喫食方法を工夫し、自分で判断して食に向かう自立した活動を保障している
内容③

子どもたちの喫食方法も工夫されている。どのクラスも発達にあった姿勢や方法で食べられるように、食事専用のテーブルや椅子、皿やスプーン、箸などが用意されている。
乳児は半円形のテーブルでお互いの顔が見え、保育者も食べさせやすい。静かな雰囲気の乳児クラスから、食事中に会話を楽しむ幼児クラスになるにつれて、自分で判断して食に向かうように任されていく。
食べたいタイミングや誰とどこで食べるか、喫食量も選べるようになっていく。
誕生会の日などはホールで3〜5歳の異年齢で食べる日もある。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践