< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

光明第一保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①浅野 睦②倉掛 秀人③小川 明美④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育園
光明第一保育園〒192-0055℡042-623-3386
所在地東京都八王子市八木町8-11
園長  須崎 智佳子

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

評価者の方々に保育現場をみていただき、細かくてわかりやすいアドバイスをいただきました。
子どもが主体の環境というところで特に乳児組の保育環境を悩んでおり、そこをズバリ指摘していただき一歩前進することに導いていただきました。
眠っていたあそびのカルテも絶対活用していくべきだというアドバイスをもらい、今現在の玩具に合わせカルテを作成していき現場に役立てていこうと思います。
この気持が熱いうちに職員みんなで環境づくりに取り組んでいこうと思います。
規模が大きくなかなか思うようにすすまないこともありますが、大きいからこそ出来る事をみつけたり、又、どうやったら上手くまわるのかを工夫しながら、職員とともにアドバイスしていただいたことを生かし学びながら進んでいこうと思います。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

多摩養育園の理念
私たちは、地域の人々が、安心して輝いた人生を実現できるよう、慈悲の心で支援します。
運営方針
1)地域の皆様の声をもとに、安心して輝いた人生を実現できるよう福祉の拠点を創造し、
 地域と共に歩みます。
2)人権・人格を尊重し、慈しみと思いやりの心で、一人ひとりを大切にした支援を行います。
3)法令及び社会的規範を遵守し、情報開示を積極的に行い、公正で透明な経営を致します。

保育園運営理念
私たちは子どもの思いを受け止め、保護者の子育てを支えます。
行動規範
1)子どもの最善の利益の保障:子どもを一人の人間として尊重し、子どもの立場に立って
 考えながら、一人ひとりの発達に合わせた援助をしていきます。
2)保護者との協働:子どもと保護者の置かれた状況や自己決定の権利を十分に受け止め
 尊重し、その思いに寄り添いながら子育ての 協働をすすめます。
3)地域の子育て支援:関係機関との連携を取りながら、地域の中で安心して子育てが
 出来るよう努めます。

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

1)信念を持っている人
 法人理念・ビジョンの実現に向けて、それぞれ自分はどう行動すべきか、
 どうしたいのか、 目標を掲げ、達成させるための信念を持ち進められる人材、
 心のあたたかい人。
2)協調性の高い人
 自分のことだけでなく、相手の立場に立って考えることが出来る人。
 また自分の考えを相手に理解してもらえるように、工夫できる人。
3)役割を果たし、責任感のある人
 子どもを第一に考えることが出来る人。 失敗してもいいから、一生懸命に
 取り組むことが出来る人。自分の役割を理解し、強い責任感で仕事を進められる人。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

1)その瞬間の子どもの想いを受け止める人。
2)慈悲の心を持ち、常に子ども主体で考える人。
3)子どもから学び、一緒に楽しめる人。
4)子どものモデルになれる人。
5)寛容の心で子どもをゆったりと見守れる人。
6)地域の見守りに感謝し、その真心やつながりを子ども達へ伝承できる人。

特に良いと思う点

タイトル子どもの数が多い大規模保育園として保育環境の改善やクラス編成、チーム保育を工夫し、子どもの意欲や自発性が育っている
内容

園児数350人、職員数96人という大規模保育園であるが、和の保育を中心に、子ども一人ひとりが主体的な生活となるような保育環境を作り上げてきている。
複数のクラス編成、担任構成やチーム保育態勢、委員会活動や職務分担などを工夫することで、規模が大きくても子ども一人ひとりが主体的に生活できるようになっている。
とくに保育室は遊びと食事と午睡・休憩のゾーニングに分かれ、遊びを選択して没頭できるコーナーが複数用意されている。
乳児から幼児まで一貫した「和の保育」のもとで、子どもの意欲や自発性が育っている。

タイトル法人本来の理念でもあった「地域の大きな家」の実現に向けて、行政とも連携した新たな取り組みを始め、地域への貢献を進めている
内容

法人の70周年事業の意味も込めて、本園では地域の貧困家庭を対象とした、在園児だけでなく卒園時や未就園児も含めた家庭全体の食を支援する「子ども食堂」の取り組みなど、本来の保育園の枠を超えた地域への貢献を八王子市とも相談して、積極的に実施を応援する体制になっている。
更には保護者の就労支援にも注力した企画も行うなど、地域の現状と課題把握から、皆が安心して輝いた人生を送ることが出来ることを目指して法人と本園が連携して、環境を整えつつあると言っても良い。

タイトル子どもが環境に関わって経験している和の保育をはじめ、保育体験や発表会資料などの掲示などにより、保育の内容が見えやすくなっている
内容

子どものが経験する内容が「和の保育」に整理されている。その経験の方法としては、環境を通した保育を目指しており、子どもが自ら環境に関わって自発的な遊びや生活が展開されるように、遊具が室内も戸外も豊富に置かれている。
その環境構成だけからも、子どもがどんな遊びや生活をしているのか想像できるが、さらに園内は模造紙などに写真とコメントで活動の様子などを掲示してある。
玄関やクラス内のモニター、紙媒体の発行物、保護者の保育体験、法人内の発表で使った掲示物など、色々な方法で情報を発信しており、保育の情報公開が進んでいる。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①選択できる環境の充実と、保健指導などの良質なチーム保育で子どもの心が育っている
内容①園児が多くても複数のクラスを編成して、子どもが自ら選択し、集中して取り組むことのできるゾーンになっている。
どのクラスでも、遊食寝の3活動が別の場所できるようになっている。また遊びは子どもが選択できるコーナーが複数用意され、役割が分担されている複数の担任によって子どもの活動が見守れている。
これにより、自発的な自己決定が保障され、自尊感情が育まれている。年長児を対象とした保健師による「いのちの保健指導」など、職種を超えたチーム保育が充実しており、ボランティアを含め多くの大人の知恵が子どもの生活を豊かにしている。
タイトル②発達を伝える遊戯会などの行事では、長い目で見た成長過程を伝える冊子も作っている
内容②行事はそのねらいを整理して、それぞれの趣旨にかなうようにしている。例えば、保護者に発達を伝える目的がある運動会や遊戯会では、その年の取り組みは写真や文章などでその都度伝えているが、長い目で見たときの子どもの成長プロセスを伝えるために、0歳から6歳までの発達の過程を説明した冊子も作っている。
遊戯会編では言葉と表現について発達の流れを解説しており、名前を呼ばれて「は〜い」と返事する1歳頃の姿から、イメージしたことを体や音楽、造形などに自由に表現できるようになる幼児まで、そこへ至る過程が写真入りでわかりやすい。
タイトル③保育園を「地域の大きな家」と捉え、地域の人を支える取り組みをしている
内容③

理念として「地域の子育て支援」を掲げ、地域の中で安心して子育てができるようにするとともに、保育園を「地域の大きな家」と捉え様々な取組をしている。
「世代間交流」「次世代育成支援活動」「卒業生(小学生)との交流」「ボランティア」「赤ちゃん・ふらっと」など、職員の専門性、複数の施設(保育園・老人施設・障がい者施設など)を持つ法人の機能性を活かし、地域と協力して、地域の中で子育てができること、また、地域の方も日常的に施設に訪れ、子どもたちとの触れ合いを通して生きがいを感じることのできる保育園となるよう努めている。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①保育目標の実現に向けて保育の方針や内容、方法、職員規範などが構造化されている
内容①

理念の設計図によると、保育目標は「自分を大切にできる子」「豊かな心をもった子」「礼節を重んじられる子」「日本文化を継承していく子」の4つで表している。
その実現に向けた保育方針が「日本の心をとりもどす」であり、その保育内容は自然、心、礼節、伝統の4領域12内容からなる。
またそのための保育方法は「子ども主体の保育」「ねらいに応じた選択性の保育」「かかわりを大切にした保育」「チーム保育」であり、それを展開する職員の行動規範が「子どもの最善の利益の保障」「生きる力の基礎育成」「保育の質の自己評価」など6つある。

タイトル②子ども主体の自発的な遊びや自主的な生活を通して「和の保育」が展開されている
内容②

本園の保育内容は「和の保育」に整理されており、生活の中に織り込まれている。例えば和食の魚をいただくとき、その命や自然の恵みに気づく心を育てている。
それは礼儀や伝統を学ぶ機会にもなっている。こうした生活が、日本を誇りに思える品格の育ちにつながっている。
また年齢の異なる子ども同士の関わりの中で、友達の優しさや思いやりに気づいたり、親の愛情を感じる誕生会などを大切にしている。
また地域のボランティアを招き、様々な人々と触れ合いながら、坐禅、煎茶、家庭菜園、伝承遊び、茶道なども親しんでおり「日本の心」を育んでいる。

タイトル③戸外遊びで様々な自然に親しみながら季節の移り変わりを感じるような生活になっている
内容③

保育に「自然」環境を上手に活かしている。園庭には銀杏の大木がそびえ、室内から四季を楽しめる。
近隣の公園で自然に親しむ活動も多く、桜や草花、鳥のさえずりが春を知らせ、夏は昆虫探しや飼育、野菜の収穫などを楽しんでいる。
泥あそびや水遊びなど身体感覚を十分に使った遊びも充実している。
秋はイチョウや紅葉、冬は雪、氷などの自然環境が格好の教材になっている。生活や遊びを豊かにする活動メニューが盛りだくさんで、 指導案である「実践シート」は大部のファイルになっている。
室内戸外の生活と遊びの中に和の保育が反映されている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事を目的に応じて4つのタイプに分類し、それぞれの狙いを明確しながら実施している
内容①

行事の定義は「保育をわかりやすく可視化し、保護者への説明責任を果たす機会になり、同時に保育を厚くし、保育施設での日常を活気づける素敵なものにする」である。
その上で行事を次の4つのタイプに分類している。
①はその時の発達を見せるもので、保育参加、運動会、遊戯会などがある。
②は親子の触れ合いを促すもので夏祭り、作品展、八王子祭りなどがある。
③は七夕やもちつきなど地域の文化を伝承するで、
④はデイキャンプ、高尾山登山など生活のリズムを活気づけ保育を厚くするもの。
行事の目的と日常保育の関係が明確になっている。

タイトル②行事は特別なものではなく生活の延長に位置づけ、意欲的に取り組めるようにしている
内容②

行事は普段の生活の延長上にあると位置づけており、特別な活動にならないよう注意しながら、無理なく日々の活動に取り入れている。
また運動会や遊戯会などの行事は、保育を厚くする意味も大きい。自ら進んで取り組みたいと思うように、子どもの興味や関心を大切にしながら子ども同士で話し合ったりすることを大切にしている。
そうすることで集団で協力しながら作り上げることの喜びを味わっている。
また、行事当日までの成長のプロセスを保護者が見ることができるように写真掲示をしたり、数年間の発達過程を写真入りで解説した冊子も発行している。

タイトル③保護者や地域へ行事の目的を説明したり参加を促しながら説明責任を果たしている
内容③

行事等を行うときは、それぞれの目的や内容を伝えるなど、保護者の理解が得られるような工夫をしている。
行事の終了後には保護者アンケートを配布し、可能な限り次年度に反映させている。また保育所の行事には地域の人に参加を呼び掛け、保育園として地域社会への貢献を大切にしている。
また地域の方が参加することで、子どもが職員以外の人と交流できる機会にもなっている。
本園は日頃から地域ボランティア(保育・給食・挨拶等)を受け入れており、行事を通じて地域文化の伝承にも役立っている。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①食事は自分で食べる量やタイミングを判断することで主体性が育つ機会になっている
内容①

午前中は外遊びを多く取り入れ、子どもはお腹の空く体験がきちんとできている。お代わりする子どもが多く食欲旺盛である。
配膳につくタイミングや、自分で考えて遊びの区切りをつけることは、見通しを持って行動する力にもなっている。
喫食量は、主食、主菜、副菜、デザート、飲み物などそれぞれについて自分の適量をよそってもらうセミバイキング方式で、楽しく意欲的な食事になっている。
その日の料理の内容や食材によって、食べる量を考えたり、食べてみて美味しければお代わりをするなど、自ら考えて判断できる主体性を育てる機会にもなっている。

タイトル②食べ具合を確認しながら調理法や味付けを変え、美味しく食べる意欲を育てている
内容②

食事は専任の栄養士が作成する完全給食で、色々な食材を取り入れ栄養バランスの良いメニューになっている。調理法や味付けは、子どもの喫食状況に基づき改善を図っている。食べ具合を記録し、保育士と栄養士が参加する給食委員会で話し合っている。献立は2週間サイクルになっており、1度目の様子から同じ献立でも味付けや色合いを変えてみることで、子どもの喫食状況が変わるかどうかを確かめている。セミバイキングによる配膳方法と併せ、なんでも美味しく食べることができる意欲的な子どもになるように援助している。

タイトル③子どもの成長に合わせた食育計画があり、日常生活の中の食育を大切にしている
内容③

食育活動は年間計画に基づき、期や月ごとに、ねらいや内容が決まっている。月ごとの食育目標は、「仲よく楽しく食べましょう」(4月)「食事の前は手をよく洗いましょう」(5月)のように12ある。食べ方やマナーは年齢別に4期に別れており、例えば幼児食の始まりの時期は「さまざまな食材に慣れる・食環境を改善する・食具の使い方を知る」となっており、5歳児の第4期は「人と関わることで喜びを感じ、体験することで感謝の気持ちと態度を培う」である。発達に沿ったねらいが整理されており、これは食育版の保育課程ともいえよう。    

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践