< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

光明第七保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①松尾 肇浩②倉掛 秀人③谷口 仁宏④中山 利彦
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育園
光明第七保育園〒192-0005℡042-691-1847
所在地東京都八王子市宮下町354
園長  山上 有香

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

保護者の方々からの様々な視点からのご意見や事業所評価の結果を受け、現状を把握する事ができました。この結果をもとに、職員一人ひとりが日々の保育を振り返り、園として、より良い保育を実践するために改善案を検討し合う場を設けることで、更なる質の意識の向上(改善)を図ることが出来ました。
以前に、ご意見があった項目と比較する事で、意識して取り組んできた内容が結果(成果)として着実に実を結んでいることを強みとして捉え、職員のモチベーションや意識向上につなげる機会としたい。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)経営理念・保育方針に基づいた運営と保育の実施。

□ 社会福祉法人多摩養育園 経営理念
~ゆりかごから天国まで~
私たちは、地域の人々が、安心して、輝いた人生を実現できるよう、
慈悲のこころで支援します。

□保育所運営理念
私たちは、子どものおもいを受け止め、保護者の子育てを支えます。
・一人ひとりの成長と発達、心情を適切に捉え、こども主体、自発的な遊びへの環境を保障し、連続性を持って子どもの成 長を見守り、生きる力の基礎となる力と心を育みます。
・「和の保育方針」 自ら「育つ」力を、伸ばし、支える
昔からある優しさやぬくもり、人と人との絆をとりもどし、子どもたちに伝えていくこと。
そして、自らの意思、自らの力で、思い、考 え、動くことのできる人を育てること。
そのために、「自然」「心」「礼節」「伝統」を四本の柱とし、保育園での毎日の生活のなかで、それぞれを体験し、心と生きる力を育みます。

2)人権・人格の尊重
3)安心して利用できる福祉の拠点となること
4)法令及び社会的規範の遵守
5)積極的な情報開示

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

・明るく、前向きであり、自分で考えて行動できる。
・児童の健全な育成・教育、地域福祉の役割を理解し、自覚と誇りを持って業務にあたる
 姿勢を持っている。
・広い視野を持ち、柔軟な思考力と処理能力を要し、状況に応じた対応をする事が出来る。
・互いを認め合い、連携、協力体制を取り、チームとして業務を遂行する事ができる。
・現状の課題や問題を適切に捉え、改善する意欲や臨機応変な対応が出来る。
・知識、技術の向上や情報収集に努め、スキルアップを図る意欲のある職員。
・一般的な社会常識、モラルが身についている。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

・子どもの成長と保護者の子育てを援助する立場である事を十分に踏まえたうえで、
 将来を担う子ども達の生きる力の基礎を育む役割を担っている自覚を持つ。
・保育士に求められる役割、福祉施設の職員という事を理解し、自らの業務に誇りと
 責任を持って業務を遂行する姿勢を持つ。
・こどもの命を守るという責任感。
・子どもの成長、発達、心情を適切に捉え、子どもが自ら育つ力を信じ、見守る忍耐力と
 現状に応じた適切な関わりを行う。
・保護者の子育てを支え、信頼関係を築きながら協働で子どもの:育ちを見守る。

特に良いと思う点

タイトル情熱と冷静さを持った園長の下で、各職員が連携して新しい保育を実現させるために取り組み、相談し合って理解を進めようとする姿勢がある
内容

園長は、保育への情熱が強く、新しい保育を実現するためには職員相互の関係性と職員一人ひとりの意識向上が最も大切であると考えている。
そのため、新しい保育についても、現場レベルでの疑問を職員が話し合って、仮説を立ててこれを子ども達の育ちに最も良いと考える環境設定にチャレンジしている。
残念ながら、強力なスーパーバイザーたり得るこの新しい保育に精通した職員がまだ育っていないが、職員がチャレンジする前向きな姿勢は園長のバイタリティと相まって高く評価できる。

タイトル「自然」「心」「礼節」「伝統」の「和の保育」を基本とし、子どもたちは自発的に保育活動を行なうことで考え、行動することを学んでいる
内容

園は、子どもの育ちには日本に昔からあるやさしさやぬくもり、人と人との絆が必要だと考え、子どもたち一人ひとりの「育ち」を支えることを目的とした保育方針「和の保育」を提唱してる。
この方針に基づき、具体的なねらいを意識した保育活動、また意欲を引き出す園庭遊びや感謝・思いやりの心を育む給食や異年齢保育、地域活動やボランティアとの交流などが盛んに行なわれている。
日々の生活や遊びを通じて、保育者や子ども同士で共に考えることや遊びや活動を選び、行動することができる子どもの主体性を尊重した取り組みがある。

タイトル法人で共有するマニュアルを更に良いものへ進化させる仕組みを活かして、更なる安心と安全な取組みを行っている
内容

法人で作成されるマニュアルを使用し、基本事項を捉えた明確なマニュアル作りが行われてる。
食の安全における取組みにおいては、アレルギー児対応が増える現代においては、複雑なチェック機能となりうるが、実践を重ねた結果、対応についてはシンプルなチェック事項を重ねることによってミスを防ぐ機能が盛り込まれている。
こうして法人のマニュアルを更に良いものへと進化させる取組みが主体的に職員から発信されることによって、安心、安全だけでなく保育内容の質の向上につながっている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①地域の中で子ども達が伝統的な行事を継承し、地域の人々から見守られている
内容①園は、法人が運営する老人ホームや隣接寺院と同じ敷地内にあり、地域の中で社会的な役割を地元住民の精神的な面でも担っている。
保育園の役割も働き手の両親から子どもを預かるという存在から、社会的に地域を担う子ども達を育み、地域の中で支えられる存在へと変容している。
法人が、「地域の大きな家」をコンセプトに、多様な世代が集える場所であろうとする姿勢は、この保育園にも適用され、園では養蚕が盛んな地域の中で繭玉づくりを3~5歳児が地域の人達から学び、地域の人々に見守られる施設となっている。
タイトル②応答的な人的・物的な環境構成がこどもの自発性を高め、発達に沿いながら展開している
内容②保育者は、子ども自らが働きかける遊びを保障するためコーナー保育を行っている。ままごと、ブロック、カプラ、製作、楽器など様々な遊びの場を自由に選び、遊び込むことができる。
保育の活動を通じて、子どもたちは経験したことや感じたことを保育者に伝えたり、子ども自身が意欲を持って継続する遊びや環境構成を行なっている。
園外活動でも散歩の目的地を子ども自身が選ぶことができることや、製作活動の際も表現したいように子どもに任せるなど、子ども自身が保育活動自体をプロデュースすることが認められている。
タイトル③子ども達の危機回避能力を身に付けさせるために、安全の概念自体を見直している
内容③

子ども自身が自らの危険回避能力を高めることによって、けがを防いだり感染症の予防になると園では考えている。
最近の保育園では、けがに対して保護者からのクレーム等が多いため、園ではけがをさせないことが重要と考えるような施設もある。
本園では、子どもに危機回避能力を身に付けさせるためには、小さなけがをすることによって子ども達がそれを避けようとする自発性が大切だと考えている。
そのため、ドイツの保育園などのように、園内では外に出た時と同じように、けがするような段差やスロープなども必要だと考え、環境を整えている。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①発達に応じた遊びが選択できるコーナーでは、集中できる空間と時間を保証している
内容①

子どもの自発性と遊び込むことを大切にどのクラスにもままごとや絵本、ブロック、ごっこ遊びなどの数種類のコーナーがあり、遊具が簡単に取り出せるように、子どもの目線を意識して整理されている。
それぞれのコーナーは机、仕切りのパーテーション、座りやすいクッション、椅子、棚などで空間が作られていたり、単純に広いスペースでは線路遊びが思いつくまま展開できるなど、遊び特性に応じて適切な環境が準備されている。またコーナーによっては片付けないことが認められた場所があり、遊びの継続性と集中力を育むことが意識されている。

タイトル②子どもの主体性が認められ、集団活動の中で一人ひとりの思いが受け入れられている
内容②

集団活動の中で子ども一人ひとりの思いが受け止められている。
3,4歳のクラスで別々の保育活動(3歳は園庭でころがしドッヂボール、4歳は園庭での自由遊び)が屋外で同時に行なわれていた。
4歳の子が別のクラスの活動に興味を持ち見ていたり、脇にそれたボールを取りにいったり、見ながら楽しんでいた。適度なタイミングで保育者の促しがあり、一緒に遊び始めると2,3人の子も参加してクラスの枠を越えた活動へと広がった。
様々な集団の中でも一人ひとりの思いが子ども同士の中で受け入れられ、主体者として認められている

タイトル③子どもの活動は、保育目標に沿って計画され豊かな環境を通して具体化されている
内容③

園は和の保育方針に基づき、様々な体験や活動を計画している。
共通内容として年齢に応じて「自然」「心」「礼節」「伝統」に分類されたカテゴリーは、それぞれ活動のねらい、ねらいを達成するための具体的な環境として活動内容、導入方法が明確に示されている。
他にも各期の案として、ひらがな、数字や文字への興味、運動機能の発達、製作などを年間を通して段階的にきめ細かく計画するなどし、日々の保育活動へと展開されている。
保育者はこれらの決め細やかな目標と具体的な方法を、毎日の生活のなかで環境として体験できるよう工夫している。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事は日々の取り組みの延長として、子どもの育ちに沿って行われている
内容①

園は日常の保育の取り組みの結果として、見えるもの・見て欲しいものを1つのポイントとして行事を位置付けながら、計画している。例えば3,4,5歳児は年間を通して体操教室で、体を動かす楽しさを感じたり、サーキット遊びなどを行なっている。
年長児は運動会で組体操を種目として取り組んでいて、一人ひとりの達成状況を見ながら難易度を調整している。
発達過程の少し先を目指しながら進めている。
また遊戯会ではクラスやグループのねらいを伝え、保護者自身も子どもの成長の視点として行事までの過程を意識することに繋がっている

タイトル②保育者は子どもたち自身が行事に参画して、感じる充実感や一体感を大切にしている
内容②

園は一年の生活や保育活動の流れの中で、行事が子どもに無理の無い形で体験できるよう配慮している。
例えば歌の中で使用する予定の被り物の製作物を保育の遊びの中で作ったり、保育の活動の中で受動的に決められたことだけを行なうのではなく、保育者はあくまで提案をするという役割だけを担っている。子ども自身が自発的に配役、台詞、動きなどの意見を出し合い、進められている。
その中で3,4,5歳児をクラスではなく、年齢に捉われない異年齢のグループで内容を構成したことで、年長児が考えたり、教えたりする姿が見られている

タイトル③経営理念に基づき、地域と一体となった行事を通して交流の拠点としてあり続けている
内容③

園は、地域の中での役割を明確に認識している。
人と人とが出会う、結びつける場として積極的な取り組みが行なわれている。地域の方と運動会での玉入れやフォークダンスを行なったり、夏祭りには定期的に招待することで、共に子どもの成長を見守る雰囲気を作り上げている。
また隣接した高齢者施設への訪問や行事などに一緒に参加するなどの日々の交流はイベント的な限定的なものではなく、世代を超えたごく自然な継続的に関わりとして行なわれいている。
高齢者との自然な挨拶、握手、会話などは子どもの豊かな社会性を育むことに繋がっている

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①1つのテーブルを囲み、グループで食事を行ないながら子ども達の社会性を育んでいる
内容①

園が取り組んでいる「和の保育方針」には4つの柱がある。
自然、心、礼節、伝統の心の取り組みの中で「食」の時間を大切にしている。食事という場を通じて他者との社会的関係性を育んでいる。
3,4,5歳児の食事スペースでは、配膳が終わった子どもから順番に決められたテーブルに座り、テーブルごとに集まり次第、食事を始めている。
六角形にした机などが置かれ、子どもたちが向き合って食事をする環境は、楽しい会話を促している。
異年齢で過ごしている生活形態は様々な他者との豊かな関係性を意図し、食の場においてもその効果が現れている。

タイトル②食という場を通して食べ物への関心を高め、マナーについての意識を高めている
内容②

食育目標を基に食事のマナーや箸の持ち方について栄養士、調理員が子どもに話す機会を持っている。
また命の大切さを感じてもらうことを目的として、実際の魚をさばく様子をみることもある。季節に応じてピーマン、パプリカ、すいか、枝豆などの栽培・収穫を行いながら子ども達の食への関心を高めている。
また年齢に応じてテーブルに卒園児の手作り紙ナプキン入れを置いて、口が汚れたり、テーブルにこぼしたりした時に自分できれいにできるような工夫が図られている。  
行事食や誕生会など特別な食事の時はテーブルクロスなどを敷いて関心を高めている。

タイトル③子どもの主体性を認めた食事・セミバイキング形式は、食への意欲の向上を図っている
内容③

子どもが自分で食べたい量をよそってもらうセミバイキング形式の食事は、子ども自らの自発的な行為で、その1つ1つの思いに答えるように各品、どのような料理か、どれぐらい食べれるかを自己判断することで食への意識を高め、コミュニケーション能力にもつなげている。
食事内容は薄味、その大きさや形状を考慮し和食、洋食、中華とバランスを考えて構成されている。
0歳児では食事の開始、終了は子ども一人ひとりの状態に応じて行なわれ、1,2歳児はお互いに共有食事スペースで一緒に食べることで個人差に応じたきめ細かい対応が行なわれている。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践