< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

光明第八保育園(2016)

年度2016年(平成28年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①秋山 由美②倉掛 秀人③谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育園
光明第八保育園〒192-0373℡042-675-4811
所在地東京都八王子市上柚木3-13-2
園長  守屋 八千代

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

今回、第三者評価を受審して、改めて見守る保育の内容、手法を学ぶことができ職員も共通理解ができる機会になれよかったです。
今後も第三者評価で言われたことを実践できるように日々の保育に活かしていこうと思いました。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)安心して利用できる福祉の拠点となる
2)人権、人格の尊重
3)一人ひとりを大切にした支援の実践
4)法令及び社会的規範の遵守
5)積極的な情報開示

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

・協調性のある
・問題意識を持つ
・自ら解決をしようとする態度

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

・専門職としての意識
・自己研鑽

特に良いと思う点

タイトル職員各自が業務を先取りして話し合い、主体的に各活動への準備態勢が取れており、看護師や調理師、栄養士等の専門職との連携が優れている
内容

本園では、職員間で職種を越えて連携が取れており、それも経営層に言われてのものではなく主体的に話し合いを日常的に行い、日々の活動に関しても自然な解決が図られるという職員間のコミュニケーションの良さがある。
これは、保育士側の姿勢もあるが、各専門職が自らの業務に誇りを持ちつつ子ども達の成長に貢献したいという主体的な姿勢がもたらしたものかもしれない。
園が今目指している保育は、子どもの姿を如何に冷静に観察し、意欲を引き出すことにあり、この専門職の協力はこの実現に向けては大きな財産でもある。

タイトル子どもの体力向上と災害時への対応を意図して計画的な散歩コースを設定し、子どもたちへの卒園後への準備にも配慮している
内容

好天の日は戸外で活動することが多い。近隣に散歩する場所が多くあり、遊歩道が整備されているため、園外に出かけることが日常的になっている。
散歩は長短の複数コースを設け、長いコースは災害時の避難場所まで続いている。整備された街路樹は美しく、周りの景色を見ながら季節の花や木々の移り変わりを楽しんでいる。
また繰り返される散歩によって、子どもの体力を向上させたり、災害時の避難所までのルートに親しむことにもなっている。
さらに小学校の通学に備え、入学する前までに信号を見て道路を横断するなどの交通ルールを覚える目的もある。

タイトル法人で経験の長い園長と新しい保育を学び続ける主任、副主任とが融合し、園の職員全員での保育のあり方を求める前向きな姿勢がある
内容

園長は保育士経験だけではなく、法人内の主要な園での園長経験も長いため、法人を理解してその理念への強い共感を持っている。
また主任は幼稚園経験を経て、保育への情熱と法人が導入した新しい保育への理解を常に進めようという前向きな姿勢があり、これらのさまざまな経験や価値観を有する経営層が融合し、副主任も含めてさまざまな個性を持った職員が、今、子ども達の生き生きとした自由な姿を共通の目標として、新しい保育手法導入についての話し合いを続けており、非常に前向きな姿勢で保育に向かっている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①近隣の小学校との連携により、進学する子どもたちのスムーズな移行を支援している
内容①本園は地域性だけでなく、園長の近隣保育園などとの個人的な信頼関係などもあり、小学校とも密な関係が構築され、卒園して小学校に就学する5歳児にとって、充実した進学準備が1年間に渡って用意されている。
具体的には、近隣の保育園の子どもたちとともに就学予定の小学校を定期的に訪れて、小学校で翌年には最高学年となる5年生と交流するだけではなく、小学校の教師にも保育園に来てもらい、子ども達の遊ぶ姿を夏のプール遊びなどの時期から見てもらい、子どもの主体性や自由な選択をする姿と園が行っている保育を理解してもらっている。
タイトル②行事にちなんだ食材の飾り方などで視覚で工夫し子どもの関心を高めている
内容②楽しく食べる事に趣を置いた給食へのこだわりが園にある。年齢に合わせた食事の計画があり、幼児になると異年齢で座る場所は決めずにテーブルで自由に友達と楽しんで食べるようにしている。
また、食事のお当番を決めて、配膳を行い、自分の食べられる量を当番に伝え、適量をよそってもらっている。給食の食材を可能な限り多く取り入れるようにしている。
子どもが興味をもつような世界の料理や日本の郷土料理を提供している。
そこから、国のことやいろいろな県のことを知ろうとするきっかけが給食にもなっている。
タイトル③職員が日々楽しい職場を目指し、職員相互のコミュニケ―ション環境に配慮している
内容③

経営層として、様々な場面で正規職員だけでなく有期職員も含めて、日々の声掛けを意識しており、職員が気軽に何でも話せる環境づくりを目指している。これは、園が目指している子どもの自主性と選択を尊重する保育で、提唱者が強く言い続けている、「子どもが日々楽しい保育は、職員が働くのが楽しい保育でもある」、という言葉と軌を一にしている。
規則に縛られる保育者が、自由な伸びやかな子たちを育てられるはずはない。職員同士が良好なコミュニケーションを持てるようになった時、初めて子ども達の姿を見て話し合えるからでもある。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①保育目標を日々のねらいにも取り込み、日々の活動の中に具体化している
内容①

法人で統一されたカリキュラムがある。
決められたカリキュラムの中で、園独自の保育目標もあり、月案や日案などの指導計画に反映させている。
ボランティアによる活動も年間を通じたものが多いので、あらかじめカリキュラムに組み込まれている。
例えば「和の保育」の一つでもある華道は、年長がボランティアに指導してもらっている。
先生の作品を真似て生けることから始めるが、真似ることが難しいことが分かってくる。
それを繰り返していくうちに個性のある生け花になっていく。子どもは、美を感じる感性や日本の伝統を体験し、和の心が育っていく。

タイトル②くつろげる空間の中で発達あった遊びや活動ができるよう、遊具や空間を整えている
内容②

0、1歳児のクラスは、途中入園が多い。園生活にまだ慣れていない子どももいるので、落ち着いた環境になるよう心がけている。
暖かな日差しが入る部屋で、発達に合った玩具を選んで好きな遊びができるようにする。ハイハイができる子どもたちには高低差のあるマットを置く。
1、2歳は基本的な生活習慣の確立のため、衣服の着脱や食事の準備などを自分でできるように保育士が丁寧に知らせている。
そして、3歳以上は、異年齢の集団で活動している。好きな遊びを選択し、子ども同士が関わって遊び込めるよう集中の度合いによって玩具などを替えている。

タイトル③自然豊かな戸外へ散歩をすることが多く、季節の変化に気づき楽しむ感性を養っている
内容③

戸外へ散歩に行くことも多い。園の近くには遊歩道が整い、公園も多く存在する。散歩中に木々の葉の色づきや、落葉する様子や芽吹く様子を感じ取ることができる。
池にいる昆虫類を見つけ、園に持ち帰り育てたり、どんぐりや松ぼっくりを拾い集めて、造形の活動に取り入れるなど、近隣の自然豊かな環境で季節の移り変わりを見つけ、子どもたちの感性を育んでいる。
5歳児が2歳児と一緒に散歩へ行く活動では、歩くペースを2歳に合わせるなど、集団で活動することの意味を子ども自身が感じ取れるようにしている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①年長児の姿に憧れを抱き、自分のことのように期待に胸を膨らませている
内容①

年間を通して運動会、遊戯会、誕生会、デイキャンプなど決まった行事がある。
遊戯会は、年長が毎年ソーラン節を踊るが、毎日ソーラン節の練習に励み、徐々に上手になっていく姿を4歳以下の子どもたちがじっと見てきている。
年長の踊る姿にあこがれを抱き、自分たちもやりたいと意欲満々の年少の子どもたちは遊戯会当日、まるで自分たちが踊る番かのように、年長の出番に期待を膨らませていた。年長のデイキャンプは近くのキャンプ場へ行く。
父親がボランティアで協力するなどして、カレーやバームクーヘンを保護者と一緒に作り上げている。

タイトル②子どもが主体となって劇を作り上げることを大切し、その過程を保護者に伝えている
内容②

行事に向けて日々の子どもの活動を知らせている。遊戯会では子どもが自ら題材を選ぶことから活動が始まっている。
題材は絵本から取り、お面やバッグも作っている。
配役決めの様子などを口頭で保護者に伝え、子どもたちがどのように楽しんで劇をしているか、共感を得られるようにしている。
また、異年齢で歌う合唱を通じて、異年齢の取り組みの成果を保護者に伝えている。
劇を見てもらう時間を工夫したプログラムになっており、大勢の観客を分散させ、ゆっくり観劇できるよう配慮をしている。

タイトル③職員以外の大人と関わることで人との接し方を体験し社会のルールを学んでいる
内容③

大人と接する機会の一つとして高齢者との交流がある。
高齢者の方といっしょに食べる食事会では、高齢者の方がやさしく子どもと接する姿が見られ、子どもたちは高齢者の方とどのように接すると喜んでもらえるかを学んでいる。
また、子どもたちは食事のマナーを教わっている。またハンディキャップのある高齢者の方と一緒に遊ぶ機会では、「こんにちは」と挨拶をしても返答が返ってこない時もある。
そのような時には一緒に遊ぶうちに言葉が通じ合い、挨拶の返事がくるようになることを体感し、大人と接する方法を学んでいる。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①変化に富んだメニューと様々な種類の食材を利用して食事の大切さを伝えている
内容①

食事は人が生きていくために大事なこと。園長をはじめとして職員は、子どもたちにそう伝えている。
栄養士は半月ごとのサイクルで献立を立てているが、1回目のメニューによる喫食状況を担任から報告を受け、食べやすいように味付けを工夫したり、形を変えたりして、子どもが味わって食べれるように工夫をしている。
サイクル献立を実施したことで、子どもたちは献立名も覚え、具材にも興味を示すようになった。
また、郷土料理や世界の料理などあまり食べたことのない料理を提供し、子どもがほかの県や国のことを知るきっかけを作っている。

タイトル②発達にあった食環境を作り、友達と楽しく食べることで食への意欲を高めている
内容②

年齢ごとに食育計画があり、目標を定めている。0歳児は落ち着いた雰囲気の中で、一人ひとりの発達に合わせた食事をしている。
1、2歳児はみんなと楽しい雰囲気の中での会食となっている。
3歳以上は異年齢でセミバイキング形式で自分の食べられる量を加減している。
また、幼児は座る場所を決めずに同じテーブルの子どもと会話と楽しんでいる。
友だちとの楽しい食事は、苦手な食材も食べられるようになるなど、自ら進んで食べる意欲を育んでいる。
幼児になると、食べるタイミングを自ら考えテーブルにつくことができるまでに成長している。

タイトル③アレルギー対応や野菜栽培、展示食や試食など、食育を上手に保護者に伝えている
内容③

子どもに食物アレルギーがあると、医師の診断を基に保護者と確認しながら除去食や代替食を用意している。
ボランティアから野菜の栽培方法を教えてもらい、畑やプランターで育てた野菜を調理している。
その野菜は玄関前に展示し、子どもたちや保護者にも見てもらっている。
また、毎日の献立をサンプルケースで展示しているので、子どもたちが食べた食事を保護者は確認できる。  
また給食は、年3回の懇談会のうち春の懇談会や茶話会など、保護者が参加する会で味見をしてもらっているが、楽しみにしている保護者が多いという。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践