< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

千代田せいが保育園 パート保育士さん 募集中です!
要保育士資格 詳しくはお電話(03-6811-6686) または、
メール(info@mimamoru.net)にて ご連絡ください。


<千代田せいが保育園の保育とは>
<藤森統括園長が提唱する保育>

■子ども主体の見守る保育

子どもが主体的に遊び、学び、生活すること。そのためには子どもが働きかける環境が豊かな応答性をもっていなければなりません。人も、物も、空間もその質が吟味され、デザインされた環境になっています。この人がかかわる環境のデザインがグッドデザイン賞を受賞しています。(そのほか「保育の三省」、「保育の5М」、「見守る保育10か条」なども参照ください)

 

■遊ぶこと、食べること、寝ること。満足するまで十分に。

子どもの生活の三要素は「くうねるあそぶ」です。この3つが心ゆくまで、満たされることが情緒の安定につながります。だから、生活空間もその3つに分かれます。そうすることで、一人ひとりの生活リズムも保障され、主体的で対話的な深い学びが実現されていくのです。

 

■ゾーニングされた空間で子どもが遊びを選択します

質の高い保育園は、世界中どこでも子どもの遊びが選択できるように複数のゾーニング空間が用意されています。今この瞬間「こうしたい」と決めるのは、子ども自身です。それが子どもの権利の基本です。発達にあった遊びができるバリエーションを豊かにセンスよく用意しました。

 

■赤ちゃんから子ども同士の関わりを豊かに

子どもが生活を創り上げる。そして大人と一緒に生活に参画する。その過程を援助することが保育であり、人権保障の実質になります。現代社会では、子どもの人間関係力が著しく低下してきています。集団のある園生活のなかで、赤ちゃんの頃から子ども同士が年齢を超えてふれあい、かかわりあえるような保育が必要です。

 

■五感を十分に使った質の高い活動

日本は未来社会のコンセプトとして「ソサエティ5.0」を提唱しています。それを踏まえると、乳幼児期には、人類が進化の過程で得てきた身体性を十分に発揮させておく経験が重要になってきています。早くから電子機器に触れさせるのではなく、アナログな身体的な体験がかえって重要なのです。

 

■食事はダイニングで

2歳から5歳児クラスまでの子どもたちは、2階にあるダイニングスペースで食事をします。調理室で作られるご飯やおやつは、長年の、保育園で培われた技に裏打ちされたオリジナルレシピです。

 

■子ども用キッチンを配置

幼児が生活する2階には、子どもたちが簡単な料理を作るための、子ども用キッチンがあります。米をといで炊いてみたり、クッキーやうどんを作ったりと、クッキングを通して、〈食を営む力〉を育てます。
 

 ★ほぼ毎日更新 園長先生の園長日記★
https://www.chiyodaseiga.ed.jp/encho-blog/

 

3つの都知事賞をもらっている食育(その1)

毎月の献立表には、レシピ名と合わせて、使われる食材が3大栄養素ごとに、分類表示されています。それによって保育園で食べる食事の栄養が一目でわかります。それに加えて、献立表の「その日のポイント」欄には、魚類、緑黄色野菜などが書いてあり、朝食や夕食で何を摂れば、さらにその日の栄養バランスが良くなるかが分かります。

 

3つの都知事賞をもらっている食育(その2)

食べる意欲を育てるような配膳方法が、都知事賞を受賞しています。それが同法人オリジナルの「セミ・バイキング」方式です。好きな料理だけを自由に取るバイキングではありません。自分が食べれそうな量をよそってもらうのです。料理によって、食べきれる自分の適量を知ることで、食べきれたと言う満足感を得て、また食べたいと言う意欲が育ちます。

 

3つの都知事賞をもらっている食育(その3)

保育園の生活の中に、人間だけが行う食の営みを取り入れました。それは3つあります。食物の栽培、火を使った料理、分かち合って食べる共食。これは動物にはできません。ホモ・サピエンスだけが獲得した食の文化です。この3つの中に、人間らしい知恵を育む体験が埋め込まれています。

 

■質の高い睡眠を提供

ふとんは園で用意したエアスプリング素材。適度な反発性と通気性を兼ね備えています。レンタル方式で、洗いやすくすぐに乾燥する構造なので、常に清潔な状態を保ちます。布団カバーも通気性のよい素材を選択しました。もし赤ちゃんがうつぶせ寝になっても、布団で窒息することはありません。

 

■幼児用のジム(運動空間)を用意

この園には、園庭がありません。そこで3階には、幼児が体を動かすことができるジムナジウム(体育館、運動スペースのこと)を用意しました。この頃の子どもたちには、バランスや体幹を育てることが大事。ネットやスイング遊具を常設し、木登りと同じように手足と全身をバランスよく使いこなすしなやかな体幹を育てます。

 

■屋上で花を育てたり天体観測をしたり

植物や野菜を育てる花壇や菜園を屋上に用意します。食育と連動した活動や、季節の変化を感じ、生き物と触れ合う機会をできるだけ増やします。また夜空を見上げて月や星の観察もします。屋上もいろいろな意味で有効活用します。

 

■千代田区は無料で保育活動用のバスを提供

子どもたちに屋外の活動機会を増やしてもらおうと、千代田区は大型バスとマイクロバスを用意。近隣に公園がない保育施設のために、千代田区独自のサポート体制です。上野公園や北の丸公園などにも、出かけやすくなりました。自然が豊かな八王子の姉妹園との交流も可能かもしれません。計画してみたいところです。

 

■保育園が家族にとってのホームに

日本では児童虐待が増え続け、減る気配がありません。その背景には、10万年以上にわたる人類の子育ての方法とは異なる仕組みを日本社会が作ってしまったからです。その一つが核家族であり、専業主婦であり、3歳児神話(3歳までは親が専ら子育てに専念した方がいいという考え)です。子ども一人が育つには村中の人が必要だった、それが人類社会学の常識です。生物学的親だけが子育てをしてきた歴史はないのです。これをアロ・ペアレンティングといいます。保育園は現代版の社会的親でもあるのです。

 

<新しい技術を園舎に導入>

■太陽光パネルによる発電で非常時に対応

東を向いている昭和通り側の側面には、太陽光パネルが配置されています。停電になっても困らないように電気をリチウム電池に蓄え、避難生活で最低限必要な電力や通信インフラ機能を確保しています。

 

■観葉植物ヘデラによる壁面緑化

千代田区は自然環境の充実に力をいれています。昭和通り側の壁面は、屋上から続くヘデラ(キヅタの一種、アイビーの仲間)の葉が縦縞のアクセントをつくります。園の前を通る方に、ささやかな自然の息吹を感じてもらいます。

 

24時間、連続換気システム

外の排気ガスなどが室内に入らないように、室内の空気の入れ替えは、窓の開放ではなくフィルター付き換気扇を通した、連続換気システムを採用しました。

 

■騒音シャットアウト

首都高速道路が走る昭和通りが目の前。人通りも多い環境の中で、外からの騒音は、防音壁とペアガラスでシャットアウトしています。室内は図書館と同じ静かさです。

 

<プロローグ>

■ロケーションの面白さ

この保育園がある場所は、3つの小学校(千代田小学校、和泉小学校、昌平小学校)が形作るトライアングルのちょうど中心地に位置します。また南北の軸から見ると、秋葉原を挟んで北に「アーツ千代田3331」があり「蔵」である保育園はシンメトリーの位置にあります。一方、東西に目を向けると、井の頭公園から隅田川に注ぐ神田川が目の前を流れ、地理的にもとても面白い場所です。いわば南北がアート軸、東西が自然の軸になっています。

 

■テラスからは新幹線がみえる!

子どもにとって電車などの乗り物は大好きなアイテム。そのなかでも最大の人気モノである新幹線が園庭のテラスから観察できます。左手の万世橋を通過するのです。同じ橋を東海道線も通過します。また右手には昭和通りをまたいでいく総武線もみることできます。てっちゃんにはなんとも贅沢な場所です。

 

■町全体を園庭のつもりで

園庭がない。それが本当にハンデでしょうか。ただ広いグランドがあっても、子どもの活動が豊かになるとは限りません。園庭は、開放感があること、体を動かす運動ができること、自然や生き物との触れ合いがあること。これが3条件です。それなら大丈夫。この園には、屋上で開放感を味わい、ジムや保育室で運動をたっぷりして、できるだけ自然や生き物との接点を増やします。目の前の神田川にはユリカモメがいるの、ご存知ですか。二駅先には上野公園や科学博物館など日本を代表する「知の文化拠点」があります。周辺地域を全部、園庭のつもりで使います。

 

千代田せいが保育園の公式ホームページはコチラ

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践