< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

栗原さくら幼稚園(2017)

年度2017年(平成29年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①倉掛 秀人②中山 利彦③松尾 肇浩④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認定こども園
栗橋さくら幼稚園〒349-1121℡0480-52-5871
所在地埼玉県久喜市伊坂46
理事長 柿沼 平太郎

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)居心地の良い環境
2)子どもが主体的に遊べる環境
3)生きる力を育める保育内容
4)保護者の方が安心して預けることができる園
5)職員が働きやすく意見が言い合える園

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

協調性があり意欲を持って行動できる人 責任感があり、最後までやりとげることができる人

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

子どもの気持ちに寄り添い、子どもの成長を喜ぶことができる人

特に良いと思う点

トル子どもの興味や関心を引き出す自然環境と、様々な身体能力が誘発される園庭の中で、教育意図を持った活動が非認知的能力も育てている
内容木々など自然の多い園庭やビオトープのある庭など、子どもが興味を持って探究できる環境が周到に配置され、保育目標の心を育む保育が展開されている。様々な生き物や植物、実のなる木などが子どもの身近な教材になっている。また園庭は起伏に富み、丸太橋や上り下りのできる大型遊具など、様々な運動が誘発されている。さらに縄跳びやドッチボールなど、客観的な指標をもとに運動遊びの充実も図っている。それが併せて子どもなりの目標に向かって最後までやり遂げて達成感を得る活動にもなっており、忍耐力などの非認知的能力も育んでいる。
タイトル人材像を明確にして新任からベテラン職員までの体系的な育成計画を持ち、その年の保育の重点課題に即した研修も実施して成果を上げている
内容目指している保育を担う人材像が明確で、その人材確保や育成に尽力している。法人は「こどもむら」のブランド化を図りながら、事業全体の魅力を情報発信している。姉妹園の特徴を活かしあう人事構想のもと、有効に外部講師を活用しながら、新任から中堅、ベテランまでキャリアアップの研修体系を持っている。その中で本園はメンター制度の新任研修や養成校からの実習生やボランティア受け入れなどに積極的だ。またリスクマネジメントや園児の体力向上など、保育の重点的なテーマと連携した研修を計画的に実施しており、成果を上げている。
タイトル「こどもむら」主催のお祭り参加や近隣の児童生徒との交流など、地域資源を生かし合いお互いにメリットのある子育て支援を創り出している
内容子育てに必要なものを創り続ける「こどもむら」の事業の中で、本園は地域との交流で子どもの経験に厚みをもたらしている。地域の祭りには園児が鼓笛演奏で参加してきたが、それに加え法人主催の「こどもむらまつり」には地域を招き入れている。ほら貝を吹く人や、音楽が流れる手押し車を押して参加する方もいる。日頃聞いたり見たりできない風景がある。そして祭は年長児のお神輿かつぎでクライマックスを迎える。また小学校や高校との交流も盛んだ。幼児教育施設が地域の資源をコーディネートしながら、相乗効果を生み出す子育て支援を展開している。

事業者が特に力を入れている取組み

イトル①園庭での豊かで自発的な遊びが心の自然な躍動を促し本人の発達欲求を保障している
内容①子どもは遊びを通して発達する。その最も遊びらしい遊びは園庭で見られた。砂場やテラスでも、その子なりに何かを感じて気づき、それを試して考え判断し協力する遊びが子ども同士の間に起きていた。力を入れている運動遊び(縄跳び)は、挑戦したい気持ちや体力を上手に引き出し、探求する力や最後までやり遂げる力を育てていた。園庭が子どもの意欲が引き出され子ども主体の生活を展開していく源泉となっている場であろう。この上に体操や絵画などの正課指導が組み込まれ、自由で開放的な学びと枠組みのある学びとのバランスが上手に図られている。
タイトル②子どもの身体能力の伸長を図るため、縄跳びやドッチボールなどに力を入れてている
内容②体力向上を客観的に測定するために文部科学省の幼児期運動指針を参照している。25m走、50m走は平均を上回ったが、5歳児は跳ぶ種目で、4歳児はボール投げと体支持持続時間で平均より下だった。そこで事業計画で子どもの体力向上を重点目標に掲げ、年間指導計画に2学期末の縄跳び大会、3学期のドッチボール大会を位置付けた。園庭での自由遊びの時間には、率先して縄跳びの連続跳びで回数更新に挑戦している姿が数多くみられ、ホールでもドッチボール大会に向けて楽しんでいた。子どもの育ちの課題を分析し計画的に取り組んでいる。
タイトル③保護者と協力して子育てを支えようと、保育参観や保育体験、交流会などが定着している
内容③「こどもむら」の理念のもとで、保護者と協力して子育てを支え合う姿勢が顕著である。入園前の「あそびっこくらぶ」や保育参観の「オープンデー」をはじめ、保育体験「お父さん・お母さん先生体験プログラム」など、保育を保護者に開き、保護者と共に園生活を創り出そうとしている。おやじの会が立ち上がり、園庭の砂場づくりの計画もある。保護者会が企画する交流会も保護者同士が親睦を深めあえるように、関心の高いアロマをテーマにした内容にするなど、工夫されている。園と保護者、保護者同士の信頼関係づくりが着実な足取りを見せている。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①保育者は、子どもの自由な発想や思いに応じて臨機応変に活動や遊びを変更している
内容①保育者は活動や遊びを子どもと一緒に作ろうとしている。子どもの活動や遊びは、基本的には長期の指導計画に基づいているが、短期計画は子どもの自由な発想や、それまでの経験によって臨機応変に変わる。今年度は縄跳びやドッチボールによる体の育ちに力を入れてきたが、その成果が表れている場面があった。その日は落ち葉やスタンプで秋を表現する遊びの予定だったが、何気ない会話からでた「ドッチボール」という言葉が、子どもたちの中に一瞬で広がり、急遽、予定を変更した。子どもの「今」の意欲や関心に寄り添う子ども主体の保育が感じられた。
タイトル②子どもの表現を心の育ちや動きとして捉え、共有化することで遊びが発展している
内容②保育者は子どもの表現に心の育ちや動きを捉え、その可視化を重視している。飾られている作品からは、子どもの喜びや達成感、誇らしさといったものが伝わってくる。それが手本にもなり、子どもの自信を育てている。遊びで触れた木切れやセミの抜け殻などもそのまま装飾の一部となっているのは、子どもの心が動かされたものだからだ。表現されると遊びが発展する可能性も広がる。例えば毛糸を巻く遊びが、毛虫作りとなり、木にぶら下げる共同製作に発展したこともある。子どもが表すものを共有化し、遊びの展開や子ども同士の関係作りに活かしている。
タイトル③教育的な意図に満ちた園庭で子どもが遊び込み、保育者は必要な援助をしている
内容③園庭は子どもの経験を深める意図に満ちている。季節の木々、大木、土、石、ビオトープといった自然。ブランコや鉄棒など運動機能を高める遊具。冒険心を掻き立てるツリーハウスや上り下りできる城。広いテラスには外遊びを補う机や棚などが置かれ、内と外の遊び、静と動の調整役になっている。様々な機能を持つ場で、子どもたちはやりたい遊びを自ら選び、使い、工夫し、また創造しながら夢中になっていた。一方で保育者は数を競っている縄跳びの援助につき、保育者の大切な役割を果たしている。自由な遊びをより深める援助も怠らず見守っている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事は複数あるクラスが刺激し合い、保育者も同僚性を高める機会になっている
内容①大きな行事である運動会や発表会などは、同じ行事の目的に向けて、各クラスごとに内容を決めている。その内容は、子どもの興味や関心を重視しながら、話し合いで決まっていく。その際、同じ学年に複数のクラスがあることを活かし、お互いに取り組んでいる内容や進展具合を情報交換している。子どもたちも運動や歌や劇の練習を見あったり、披露しあったりすることで刺激になっている。行事は同学園に複数クラスがあることで、保育者同士の同僚性が高まり、共通の目的に向けてクラスに一体感をもたらしている。
タイトル②年齢や発達に応じた発達の姿を伝えることで育ちの共有と見通しが図られている
内容②発表会は、年度末にあり保育と子どもの育ちに関する一年の集大成でもある。保護者は子ども同士が劇や演奏などを充実感をもってなし遂げる姿を毎年楽しみにしているという。どの学年も劇があるが、それに加えて3歳は歌、4歳は鈴・タンバリン・カスタネット等の合奏、5歳児は歌と鍵盤ハーモニカの演奏が披露される。発表会は、子ども一人ひとりの成長過程を保護者と共有するためでもある。子どもが工夫したり、協力したりして、言葉や表現が豊かに育つ姿を喜び合いながら、次の年へ向けた期待と見通しを持つ機会にもなっている。
タイトル③季節行事を作り上げ楽しむ生活の中で身近な環境が生活に役立つことを学んでいる
内容③季節行事である七五三、端午の節句、ハロウィン、クリスマスなどは、当日のイベントが楽しい。さらに園では、そうした行事を作り上げていくことや、楽しみに待つこともねらいにしながら、行事の準備に関わることで興味を高めている。たとえば子どもが装飾で使う材料を散歩先などで取ってきたり、作った装飾を綺麗に部屋に飾ったり、またハロウィンの衣装に更に飾りをつけたりしている。毎日の中に「行事を準備する」生活を取り入れることで、自然物が生活道具に使われていることや、地域社会の文化に気づき、好奇心や探究心を育んでいる。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①楽しい食事になるように配膳の仕方やどこで誰と食べるかを工夫をしている
内容①楽しい食事になるように、料理の盛り付け方や、どんな場所で誰と食べるかなどを工夫している。盛る量は年齢や個々の摂食状況に応じて変えている。例えば3歳児は苦手なものは残していても、好きなものはお代わりができる。また4、5歳は苦手なものは事前に減らして完食できることで「なんでも食べられた」という自信を育んでいる。当番活動の「お花係」がテーブルに花を飾り、食卓の雰囲気を出したり、日によってはテラスで食べたりしている。仲のいいグループで同じテーブルを囲んでおり、このグループのメンバーは月ごとに変えている。
タイトル②食への関心を高めるために子どもが調理をしたり野菜を育てるなどの食育をしている
内容②献立は年齢にあったものが用意されており、子どもたちのリクエストメニューもある。子どもたちの食への関心を高めるために、オープンキッチンも用意され、子どもの調理体験もできる。また稲や野菜をプランターで育てたり、お米を研いだりしている。トウモロコシの皮むきなどお手伝いを通じて調理前の食材に触れることで、食事への期待を高めている。また月に一度ある「異年齢交流の日」が「お弁当の日」になっている。この日は3、4歳は学期に1回、5歳は学期に7回ある。お弁当を一緒に食べることが、異年齢の共食体験になっている。
タイトル③食物アレルギーの対応で提供ミスをなくするために何重にもチェックがなされている
内容③ 

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践