< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

さくらのもり保育園(2017)

年度2017年(平成29年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①倉掛 秀人②中山 利彦③松尾 肇浩④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育所
さくらのもり保育園〒349-1121℡0480-52-0004
所 在 地埼玉県久喜市伊坂135
理 事 長 柿沼 平太郎

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

(1)学園理念である「ここにいるっていいね、いっしょにいるっていいよね」の
 言葉通り、 ここに関わるすべての人がこの環境にいられることをいいねと思えるような
 みんなの居場所を作っていく。
(2)子どもの学びをささえ、育てていきたい。
(3)保護者を支えることで一緒に育っていきたい。
(4)地域の皆様に愛される、そして見守っていただける園づくりと共に、地域貢献をし
 ていきたい。

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

子どもの遊びや生活を支え、一人ひとりに丁寧に接し、保護者との関係も保護者を元気にさせてあげられるような言葉がけができる人材に育ってほしい。そして、何事も一人ひとりが責任を持って行えるように、子どもの気付きや声、気持ちに寄り添い保育を広げていけるような保育者になってほしい。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

同上

特に良いと思う点

タイトル子育てセンターや学童、喫茶店や駄菓子屋など「こどもむら」の施設を活用し、園児の育ちと親の子育てを豊かに支える園になっている
内容「こどもむら」は、出産前から育児講座を受けたり、親子で子育てセンターを利用したり、必要になったら園に入園できるという、地域が子育てに優しいまちになるように事業を展開してきた。その中で乳児保育の中心を果たしているのが本園である。近くには親子で快適なひと時を過ごせる喫茶店や駄菓子屋もあり、小学生になると学童も用意されている。近くの小学校や高校との交流は世代間交流の貴重な経験にもなっている。「人の気持ちに寄り添い思いやれる心」など7つの保育目標に向かって、子どもの育ちと親の子育てを支えている。
タイトル子どもが自発的に関われる生活環境が整えられ、変化に富んだ地域の自然や園庭が子どもの好奇心を刺激する生活や遊びを創り出している
内容子どもが主体的に生活できるように、遊び、食事、午睡のスペースに分けられている。子どもたちが部屋の中で急かされることなく、自分のペースで活動できることを目指している。子どもの遊びは発達過程と興味・関心に合った活動になるよう工夫されている。また室内とテラスと園庭のつながりがよく、一日の過ごし方に好ましいリズムをもたらしている。また季節や自然の変化に富んだ園庭や地域が、子どもたちの格好の遊具となって、見立て遊びや製作遊び、好奇心を持って関わる教材としても使われており、異年齢の関わりも配慮した保育になっている。
タイトル満3歳児クラスの創設や多様な一時預かり、食品の販売など保護者のニーズに正面から応えようと、多様な子育て支援を展開している
内容保育園がベースとなった幼保連携型認定こども園だけあって、家族全体の福祉的ニーズに対して誠実に応えようとする姿勢がある。例えば就労要件がなくなっても保育の継続を希望している家庭に対して、その希望を叶えるため平成30年度から新しく満3歳児クラスを創設する準備を始めている。また一時預かり事業でも、週2日と週3日の2コースを組み合わせれば週5日利用できる。駅前から園までの間に日常的な食品を購入できる店が少ないので、米やパンや野菜を購入できるようにしている。こうした子育て家庭を支える仕組みが保護者に喜ばれている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①広い敷地に保育室やテラス、園庭などの保育空間がデザインされ居心地がよく秀逸である
内容①「こどもむら」の主要な一角を占める本園は、幼い乳児とその家庭にとって居心地のよい生活空間になっている。室内は玄関ホール、食堂、保育室はぞれぞれ高い多角錐状の天井になっているが、その頂点を支えるように集合する大きな木製の梁が上部空間を斜めに走り、広々とした開放的な設計になっている。色調は、白壁にナチュラル系の腰壁と木床が落ち着いた雰囲気をもたらし、そこに園庭や植栽の緑が目に飛び込んでくる。保育室やテラスは遊ぶ種類によって天蓋や稼動家具、ソファーなどで小さな空間に区切られ、ゆったりとした生活動線になっている。
タイトル②写真とコメントで月ごとにエピソードを並べて年間の教育・保育課程を説明している
内容②玄関ホールや保育室には一年間の活動報告が掲示されている。これは「教育・保育課程」をもとに、実際に捉えた子どもの育ちやつぶやきを紹介したもので、写真とコメントの中で、保育のねらいや意図がわかる。例えば、7月は「水・砂・土・自然物の感触を味わったり、遊ぶことを楽しむ」という月の「ねらい」が書かれ、その下に泥遊びと泡遊びをしている子どもの写真がある。ぬるぬる感などの手触り、ひやりとした冷たさ、土や石鹸の匂いなど、子どもが感じた心地よさや解放感を説明している。エピソードによる教育・保育課程とも言え、分かりやすい。
タイトル③外部講師を招き地域の保護者も参加できる育児講演や育児講座を開催している
内容③園の送迎のついでに米やパンを購入できたり、週2回と週3回のコースを選べる一時預かり事業のほか、月2回の栄養相談や育児相談日も用意されている。子育てを支える取り組みは色々ある。例えば保育の専門家を講師に招いて、子どものだだこねや反抗期の意味をわかりやすく学ぶことで、自分の子育てに自信を持てるようにしている。参加したお母さんは、「ちょうど自分の子どもで困っていたから、どう考えればいいかわかってホッとした」と喜んでいた。こうした講演を定期的に開いているが、園内研修にも位置付けており、職員も一緒に学んでいる。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①園舎や園庭は子どもの意欲や好奇心を引き出し夢中になって遊べるようになっている
内容①園舎や園庭は、子どもの意欲や好奇心を引き出すように工夫されている。パズルやお絵かきなど集中して遊べる狭い空間や、製作などをして遊べる場所のほか、全面スライドのドアで仕切られたベランダは開放的である。このように、ゆったりと遊んだり、活発に体を動かしたりと、遊びの特性に応じて異なる室内空間や園庭、戸外で過ごすことができる。また室内の遊具や手作りおもちゃは子どもの手の届く場所に置かれ、発達に合っているので遊びたいという意欲を満たしやすい。子どもが夢中になって遊べるような保育環境になっている。
タイトル②保育者の子どもの思いに寄り添った促しが、子どもの遊びや活動の意欲を引き出している
内容②保育者は一律に同じことをさせるのではなくて、子どもの思いに寄り添った受け止めや促し、支持などによって意欲を引き出している。それによって、子どもの集団はやりたい遊びで形成されていく。参加したいができないでいる子どもがいると、どうしたらいいかモデルを示したり、代わりに気持ちや思いを代弁するなど、子ども同士の関係づくりを援助している。やってみたい、参加したいという意欲が生じるような環境の設定を基本としながら、保育者は子どもの状況に応じて援助方法を変え、遊びや生活を豊かにしている。
タイトル③四季折々の自然や動植物が子どもの五感を刺激し活動や表現に豊かさをもたらしている
内容③園は、季節の移り変わりを身近に感じられるように環境を工夫している。室内の装飾物や置かれている物は画用紙などで出来たものより、自然の木々や松ぼっくりなどをそのまま活用している。子どもの製作物からは、自然から受けた刺激が表現になっていったプロセスが感じられる。芋ほりの経験、遊びの中で見つけた落ち葉、自分たちで育てた蝶など、子どもの心が動かされた体験が表現されたものが多い。園庭や子どもが花を育てたり木登りができたり、水生動物を観察できたりと、子どもが直に触れて感じることができるような環境になっている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事は日々の活動の延長と位置づけ、季節を味わい保護者とともに楽しんでいる
内容①行事は季節感を味わうものに七夕やハロウィン、芋ほりなどがある。また保護者が一緒に参加して子どもの成長を感じることを目的にしたものには、運動会や親子お楽しみ会などがある。これらの行事は、日々の流れの延長にあり、子どもにとって無理がないように配慮している。保護者が参加する行事は、「一緒に楽しみましょう」がコンセプトで、保護者参加型の競技や親子ダンスなどを取り入れている。行事の後でクラスごとに懇談会などを開き、保護者に保育の理解を深めてもらっている。またお便りなどで保護者の感想や声を拾い上げ、次回に活かしている。
タイトル②行事は子どもの参画意識を高め、より豊かな社会性を学ぶ機会にもなっている
内容②行事で使うものを子どもが楽しんで作るなど、行事に期待を持って取り組めるようにしている。例えば運動会では、お土産を入れる袋を自分たちで作った。どんなお土産だろうと想像したり、自分たちで運動会を準備して作っているという「参画意識」も育てたいからだという。また3歳以上の幼児がいる姉妹園のこども園との合同行事もあり、3歳児クラスまでのさくらのもりこども園にとっては、4〜5歳クラスの子どもとの関わりや交流によって、社会性を育てたり所属意識を高める機会ともなつている。
タイトル③ 
内容③ 

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①家庭的な雰囲気のもとで保育者も一緒に食べて会話を楽しみ、社会性を育んでいる
内容①食事は天井にレースを張った柔らかい空間の中で、会話を弾ませる「楽しい食事」を大切にしている。また個別のランチョンマットを敷くことで乳児にとっては「自分の食べ物」がどれかが分かりやすく、保育者の援助もしやすい。また保育者も一緒に食事をするが、0〜2歳児が同じランチスペースに集うので、お互いに真似たり、真似されたりという意識も育つ「見せる食事」を心掛けている。このような家庭的な雰囲気の中で、保育者と年齢の異なる子どもたちが一緒に食べる「共食」が、社会性を育む機会にもなっている。
タイトル②毎日の食事を基本としながら、野菜の栽培や調理など多面的に食を営む力を育てている
内容②毎日の食事を大切にしつつ、旬の野菜を育てて収穫し、下ごしらえを手伝ったり、給食で余った材料を製作活動の素材に活用するなど、食を営む力を総合的に育てている。料理は食べやすい大きさ、薄い味付けを心掛けている。離乳食は自分でつまんで食べれるように、ご飯が小さいおにぎりになっている。残食の量から次回の料理の内容や味付けの改善に活かしている。畑で育てた白菜を餃子の具にしたり、大根をおでんにするなど、子どもたちは栽培や調理を体験している。余った材料は製作遊びに転用するなど、生活の中の食の営みが幅広い。
タイトル③食物アレルギーの対応食などは、ミス防止の工夫を徹底し、安全な食事を提供している
内容③個別の配慮は食事の提供でもなされている。食物アレルギーで必要な除去や代替食は、保護者の同意の上で、医師の指示書に基づいてきめ細かく対応している。提供のミスを防ぐ配慮は入念である。献立作成、調理過程、配膳、喫食とそれぞれの場面でヒューマンエラーを防ぐ工夫がなされている。たとえば表示プレートで除去内容を明示する、除去食の皿は色を変える、必ず保育者間で手渡しする、除去の子どもが座るテーブルと場所は別に用意する、その時傍に担当者が座るなどである。こうした配慮の積み重ねによって誤食を防いでいる。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践