< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

さくらの木保育園(2017)

 年度2017年(平成29年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①倉掛 秀人②林 昭宏③松尾 肇浩④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育所
さくらの木保育園〒158-0097℡03-5797-5700
所在地東京都世田谷区玉川台2-18-18
園長佐藤 博子

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)法人理念「共に育て 共に育ちあい 地域との共生を図る」を基に「共に育つ」を大事すること
2)保育園運営の基本は「人」の成長であり、職員の成長が保育の向上、
 子ども保護者の成長と=であること
3)区の保育行政や地域に役に立つ保育園、子育てを楽しいものにしていくお手伝いをする
 保育園であること
4)子どもの今をよりよく生きるため、そして子どもの将来をもイメージしていく保育園であること
5)自分で考える力を持ち、自分で行動できる子どもに育てる「子ども主体の保育」を展開すること

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

自分自身で仕事をする。チームで仕事ができ、声を掛けながら仕事ができる。広い心で様々な人たちと関われる人となってほしい。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

乳幼児期の大切な成長期に関わる者として、しっかり学び子ども達に接してほしい。保育者として誠実な気持ちで子どもや保護者と接し、共に成長していく職員であってほしい。

特に良いと思う点

タイトル経営理念「共に育て 共に育ち 地域との共生を図る」は日常の保育に溶け込み、職員と保護者との間に相互的な学びの連鎖を生み出している
内容園は明確な経営理念「共に育て 共に育ち 地域との共生を図る」をもち、保育目標「豊かな心を持ち、健康で元気に遊べる子ども、意欲と生きる力のある子ども」を掲げている。経営理念の通り、保育者と保護者との間には日々の情報交換や育ちの共有により信頼関係が築かれている。また保育者は子どもを自発性を認めながら受容的かつ応答的な働きかけを大切にしており、子どもに安心感とさらなる意欲を与えている。このような理念の浸透は、職員が学び続ける意識を高め、それが子どもを深く理解する好循環を生み出している。
タイトル保護者や地域からの要望に丁寧に応えながら、高齢者施設との交流や地域向けの子育て支援を充実させてきており、利用者の満足度が高い
内容園は保護者の子育て支援や地域の子育て支援の充実を図っている。毎年、保護者のアンケートをとり改善に役立ててきた。苦情解決制度での苦情内容と対応を公表したり、事故防止マニュアルも掲示板に下げている。また近隣からの苦情要望にも丁寧に応えてきた。第三者評価の利用者調査でも満足度は高い。また二つの高齢者施設とは歌や踊りを楽しむ気軽な夕方の交流を実現させるなど、地域との交流も進んでいる。地域の子育て支援では、親子で楽しめる遊ぼう会や育児講座、プレママなどを開いており、ニーズの高い一時預かり保育も行っている。
タイトル子ども同士がお互いのことをよく知っており、優しい共感の空気が心地よい。子どもを取り巻く職員の視線も優しく愛情豊かな園である
内容本園の子どもたちは大人の温かい援助の中で情緒が安定している。訪問調査で子どもと一緒に食事をしたが、子ども同士が仲間のことをよく理解し合っていた。それは家庭と保育園が「共に子どもを育てる」という理念のもとで、子どもにとって優しい人的環境が実現しているからだろう。そのことについて園長は「職員が子どもと接することが楽しいと思っているからではないか。そういう職員が多いから、その良さが受けつがれているのではないか」と分析している。子どもの生活にとって愛情豊かな環境がいかに大切かということが実感できる園である。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①分園から本園に移行して3年目を迎え、子ども主体の保育が本格的に展開され始めている
内容①法人本部のある「用賀なのはな保育園」の分園として平成23年度に開園し、平成27年度に独立した「本園」となった。この2年間、新しい園長のリーダーシップの元で職員態勢を整えながら、園児の充実した生活づくりに取り組んできた。そして今年度は「子ども主体の保育」をさらに発展させるベく、本格的に取り組み始めている。とりわけ室内の保育環境の充実を図り、子ども同士の豊かな関係づくりのために、幼児の異年齢集団の協同性を高める保育に力を入れている。また園庭がないハンデを克服しようと機動的な戸外保育も展開している。
タイトル②子どもの自発性を引き出す環境を工夫しており、遊びを発展させようとする意識が高い
内容②保育室は子ども自身が考えて、意欲的に遊べる数種類のコーナーの空間が整えられている。保育者は環境の構成において重要なのは、子どもの遊びの様子を振り返ることによる環境の再構成、充実へ向けた適切な声かけだと考えている。また保育者は常に子どもの発達に沿って少し上のプロセスを整えること、つまり遊びの発展的環境構成を意識している。例えば園内に十分に活動できる園庭がないことは、デメリットと捉えず、散歩や保育活動の目的を明確にし、様々な公園に出かけることで、逆に保育の幅を広げている。
タイトル③保育理念の実現を目指し意欲ある職員が育つOJTの仕組みがうまく機能している
内容③経営層は人材難の中で、職員態勢の安定化や職員配置に工夫している。よく整理された保育理念や保育方針の実現を目指し、キャリアパスの体系と連動した勤務評価を通じて、職員の意欲を高めている。注目したいのは責任あるポジションに挑戦する職員をベテランが支えるチームづくりなど、保育実践の中で学ぶことができるOJTが効果をあげていること。また限られた勤務時間の中で効率よく学びの質を高めるため、昼礼での情報交換や年2回の合同研修「保育のまとめ」など、OJTを工夫している。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①保育者は子どもの遊びの充実と更なる展開を見通しながら、環境を豊かに展開している
内容①保育者は、子どもの自発的な活動、遊びを大切にしている。子どもたち自らが準備したり、着替えたりすることができる生活の空間が確保され、絵本コーナー、指先を使う遊びコーナー、ブロック、ままごとなど様々な遊びが自由に選べるようになっている。環境の構成については、保育者は「子どもの発達に沿った少し上のプロセスを意識している」「子どもの遊びの振り返りからの充実と発展」という視点を持ち、各コーナーの担当者を決め、定期的に環境に変化をつけたり、必要に応じて配置場所を変えるなど環境の再構成が繰り返されている。
タイトル②園は発達を促す多様な集団形成を通じて、自発性に基づく学びが深まるようにしている
内容②園は、家族のような異なる年齢から構成される集団の中にこそ、安心と学びがあると信じている。0,1,2歳児は主にクラス構成で分けられて、3,4,5歳児については異年齢で構成されるグループを基本としている。そこでは様々な発達が異なる子を見て、感じて、関わることで集団的な学びの意識が高められている。また集団活動においても異年齢で構成されるグループ保育、クラスで行う年齢別保育、やりたい遊びを選ぶ選択別保育など様々な目的に柔軟に応じ、子どもが自発的に探求を深めていくような学びになっている。
タイトル③園は近隣の公園の特徴を詳しく把握し、子どもの経験を深めるねらい応じて活用している
内容③園は、広い園庭がないことをデメリットと捉えてはいない。園内での生活空間、遊びの空間、そして広く地域を含めた空間のすべてを活用して保育するという意識を持っている。例えば玄関先には近隣の公園マップを張り出し、どこにあるのか、またどのような遊具があり、どんな遊びができるのかを子どもが考えている。このマップは子どもの期待や見通し力を育ている。これらの公園は0,1歳児に適した公園、砂遊びができる公園、自然(どんぐりや実のなる木など)が感じられる公園、思い切り体を動かせる公園など、保育の目的に応じて使い分けている。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①園は日常の遊びを行事と捉え、子どもと共に作り上げるプロセスを大切にしている
内容①園は、日常の生活の延長上に行事があるというイメージを抱いている。日々の活動や遊びの中から子どもたちが興味、関心があるものを見つけ、引き出すことを心掛けている。その流れの中で子どもたちが飽きないように、「やらされている感じがでないように」工夫している。例えば運動会なら長期的に捉えて、朝から1回のみ練習する、あるいは1つの種目だけでなく数種類を準備し、子ども自身が選ぶといった具合である。また時には子どもの選択のみに頼らず時には「やってみようよ」と、子どもの挑戦する意欲を刺激する働きかけも工夫している。
タイトル②子どもの自発的な選択による遊びや活動が行事で伝える子どもの発達の姿になっている
内容②園は、日常の生活に重きを置きながら、その取り組みのプロセスに中に行事で伝えるべき育ちがあるというイメージを抱いている。日々の活動や遊びの中で尊重されている「子ども自身が選ぶ」という点に着目し、運動会の種目にも選ぶ種目(跳び箱、鉄棒、マットなど、また高さの異なる跳び箱など)を入れた。すると子どもの日々の活動が、成長段階に応じた自発的な取り組みとなった。このように保育者は行事などを作り上げていく中で、子どもの気持ちや発想を取り入れながら行うプロセスも大切にしている。
タイトル③園は行事を保護者と共に作っているという意識を持ち、保育参加で相互理解を深めている
内容③園は、行事を保護者と共に作り上げているという意識を持っている。例えば運動会は「子ども、保護者、保育者」との交流を目的とした種目がある。また行事を終えるたびに保護者アンケートを取り、翌日の連絡ノートに記載されているコメントなども拾い上げている。こうした大きな行事とは別に一年を通じて保育参加もある。この行事の目的は子どもの仲良しを見つける、子どもの様子を見る、職員との連携を深める、保育士という仕事を理解してもらうことなどで、これによって、園と保護者との間で、子どもの育ちや保育内容を共有し相互理解を深めている。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①異年齢で囲む食卓は自分の好悪やペースが尊重され意欲的に食を営む力が育っている
内容①園は子どもが自ら意欲的に食を営むことが大切だと考えている。特に0歳児は一人ひとりに合わせて、自分のペースで食べることができる食事のスペースがある。また1歳児の食事に0歳児が同席することもあり、お互いに「見る/見られる」という関係が模倣や憧れ、自立心などを刺激している。2歳児からは自分の食べたい量を伝えて注いでくれるセミバイキング形式。この方法には「食べたい子から食べる」「出来ることは自分たちで」「自分でやりたい気持ちを尊重する」という目的があり、味覚の広がり、食材への関心、好悪の自己認識などを育てている。
タイトル②食物アレルギーの対応食で誤食を防ぐために提供プロセスで多重チェックを施している
内容②食物アレルギーの除去食や代替食で誤食を防ぐため、職員は役割分担を明確にし、次のような手順を守っている。①毎月配られる献立に赤線を入れ提供できない食材をチェック②調理中は声を出して確認③担任が子どもをテーブルに誘導④配膳者が対応食を配膳⑤お代わりの際も目を離さず配膳者が対応。このように徹底した誤食防止策が効果をあげている。そのほか安全な食事になるように、片づける、手を洗うなどの子どもの動きを想定し、食事スペースのテーブルや椅子、家具などのレイアウトにも気を配っている。
タイトル③様々な食材に触れる経験を豊かに用意し、色々な味覚体験ができるような食育をしている
内容③毎月の献立は、季節に応じた食材や変化に富んだ郷土料理を取り入れながら様々に工夫している。また年に一度、子どもたちがリクエストしたものを献立に取り入れたり、旬のナス、ピーマン、トマト、オクラ、胡瓜をプランターで栽培している。年長児がお米を研ぐ体験から、主食について色々なことを気づいている。また子どもが食材に苦手感を示すと、保育者がそれを食べてみて味や香り、食感などを話したりすることで、子どもが自然にその食材にも関心を向け、自分から食べてみようか思うような心の動きを大切にしている。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践