< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

新宿いるま保育園(2017)

年度2017年(平成29年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①浅野 睦②松尾 肇浩③林 昭宏④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育所
新宿いるま保育園〒162-8655℡03-6302-1221
所在地東京都新宿区戸山1-21-1
園長小川 明美

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)子どもたちが備え持っている「生きる力」を引き出す保育環境の設定に心掛ける。
2)個々の職員の資質や力量に依存しすぎることのない、チーム保育を展開し理念を共有する。 3)個々の保護者に対し、子育ての楽しさを感じ、子どもの成長を喜び合う関係を構築する。 4)情報公開を進め、運営の透明性を確保する。
5)地域の人々の知識や能力を積極的に取り入れ、コミュニティを創造し、地域の信頼を得る。

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

一人ひとりの子どもや保護者、更に共に働く仲間の立場を理解しながら、保育活動を通して社会に貢献できる人材を求めている。職員は、チームで話し合い他者との共存の中で自身の意見を発言できる職員像を目指している。更に、保育活動においては、子どもたちの活動に対し「黒子」の役割ができること、また子どもたちの育ちに対し「応援団」となれることが、極めて重要であることを実感できる保育者となることを職員に求めている。

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

子どもたちの心身の成長発達に大きく関与する存在であることは言うまでもなく、子どもの存在を丸ごと信じ、子どもに真心をもって接し、子どもを見守ることに使命感をもって欲しい。そのために、保育者は「保育活動の黒子」として、また「子どもの応援団」として、使命感を持って欲しい。

特に良いと思う点

タイトル「やってみよう」から始めるチャレンジングな姿勢が職員同士の学びの原動力となり、更に保育の質を深める効果を生み出してる
内容園は子どもの主体性と選択による自発性を尊重し、子どもにとってふさわしい環境を整えている。日々の生活や遊びの中の疑問を早急に課題とし、研修や会議を通じてアイデアを出し合い環境構成へと活かしている。保育者は新たな環境を通じて、子どもの姿に変化が見られることに喜びとやりがいを感じている。つまり子どもの姿から環境の再構成を繰り返すことで、保育所保育指針にもある〈環境を通した保育〉の本質が見い出され、更に職員の子どもに対する見守る姿勢〈子どもの理解と一人ひとりに応じた援助、環境構成〉の問い直すプロセスが構築されている
タイトル保育者は子どもの内なる声に耳を傾けながら理念、方針に基づいた保育の展開や適切な支援を行い、子どもの主体性を育んでいる
内容保育者は常に子どもがやろうしていることに対して肯定的な観点で捉えている。例えばほとんどの子が食事をしている中で一人の子が食べず遊んでいる姿においても同様である。遊びを中断させ無理に急かしたり、強制するようなことはせず、子ども自らが食事に向かえるようにしている。どのような関わりが必要か、どうすることが適切なのかの答えは保育する側ではなく、子ども自身が持っているという。このような子ども一人ひとりに応じた適切な支援の中には保育の理念、方針を原点とした保育の考えがあり、日々の応答の中で子どもの主体性が育てられている
タイトル協働的で分散型のチーム保育により、職員相互に学び合い、育み合うことにより、質の高い保育の展開が生み出されている
内容園が「子どもの主体性を育む保育」を大切にしているように、職員育成についても、職員の主体性を育む取組みを積極的に行っている。管理職やリーダー主体で職員教育を行うのではなく、現場職員一人ひとりが自らの保育を振り返り、改善する活動を通じて、職員自身が常に課題意識を持てるようにしている。各種学会で職員が発表する機会や、他園の保育者が自園に来て学ぶ機会、経験の浅い職員が行事などを担当する仕組み、園長との面談の機会など、多様な方法で職員自身が能力を向上させる場があり、園全体が皆で考える組織風土が醸成されている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①生活や遊びの中での子どもの自発的な行為は、子ども自らの主体意識を育んでいる
内容①園は、保育者による一方的なルールや過度の指導は子どもの主体性や自発性を損なうと考えている。例えば保育園生活の遊ぶ、食べる、寝るなどの切り替えは、子どもが自発的に取り組めるよう遊びのスペース・食事のスペース・休息のスペースに分け、個々の状態に合わせた環境を整えている。更に学びの場でもある遊びや活動についても保育者主導でなく、自発的な選択の機会を設けることで、子ども自身の主体性が尊重され、子ども一人ひとりが生き生きと生活し、自分らしく伸び伸びと遊ぶ姿が至る所で見ることができた。
タイトル②父母会の立ち上げ支援や活動支援を行い共に子育てをしようとする姿勢がある
内容②本園の保護者より父母会を立ち上げたいと園に申し出があり、平成30年4月発足に向けて会則作りや活動などの支援を行っている。特に園の保育方針にもある「子どもの主体性を育てる」と同じように、保護者が主体的に行おうとする活動に快く支援を行っている。活動では「もしパパ」の企画支援も行い、父親たちが一生懸命遊ぶ姿を子どもに見せることで子どもが学ぶということ等を体験したり、園の方針に賛同できる機会を作り、その活動を支援している。
タイトル③学会での発表など、職員が能力を伸ばすための多様なチャンスを用意している
内容③職員が学会(日本赤ちゃん学会や日本保育者養成教育学会など)で発表する機会を用意したり、他園の保育者に自園の保育を見てもらう活動を行ったりするなど、多様な方法で職員が自分たちの保育を振り返るチャンスがある。職員が他の保育関係者に自らの活動を伝えるためには、保育の意図や根拠、背景となる発達の理解などを体系的に整理する必要があり、その取組みを通じて職員が保育を興味深く捉える可能性も拡がる。こうした活動は、研修などの一方的な知識習得の場と異なり、職員が主体的に力を身につける場として有効な取組みと評価できる。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①子どもの興味、関心に応じた遊びを段階的に整え、更に自発的な遊びの意欲を広げている
内容①園は子どもが意欲的に遊びを選ぶことに学びの意味があると考えている。一人ひとりの興味、関心が異なること、またその習熟度などの個人差を踏まえ、ゾーン(遊びの種類を複数準備し場所を整える:絵本ゾーン、ままごとゾーン、ゲームゾーン等)を工夫して、子ども自らが遊びを選ぶことが認められている。更に3,4,5歳児のゾーンは塗り絵やゲームなど遊びや発達に応じて様々なレベル(★が増えるほど難易度が高く、難しくなる)のものが準備され、自分のできることや更なるレベルアップへの動機づけが見える環境として配慮されている。
タイトル②子どもたちは集団生活の中でも個人としての意見が尊重され、意欲的に参加している
内容②保育者は集団活動において子どもの選択の機会を大切にしている。子どもの興味や関心に基づかない保育者主導の活動は、参加意欲を著しく低下させる。そこで活動を選んで参加する流れを作ることで、保育者は子どもの遊びにおける集中力や展開がより豊かになるという。このような選ぶ機会は子どもたちの遊ぶ意欲だけではなく、生活における様々な場面の中で〈生きる力〉として活きている。更に活動内容を選択する機会を設けるだけでなく、習熟度別等に分けて行うことで活動における最適性と技術などの向上意欲を高められている
タイトル③保育者は子ども同士の関係の中でルールの必要性を引き出し、社会的な意識を高めている
内容③保育者は子どもの興味、関心を引き出すため、子どもが自ら選び遊ぶことができる遊びのゾーンを整えている。そこには年齢や発達に応じた多種多様な遊びの遊具、道具が置かれている。保育者はこのような環境の中でやりたいことをやっているからこそ、子どもの遊びを通じての意欲的な表現が豊かになるという。しかしながら子ども自身が夢中になりすぎて管理が難しいこともあるという。そこで年長児との話の中で〈おもちゃリーダー〉という役割を作り、子ども自身が管理する取り組みを始め、子ども同士の関係から様々な解決方法を導き出そうとしている

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事は日々の活動の見せるだけでなく、また成長・発達を感じ合う場として行われている
内容①園は行事を保護者に対して見せるだけの一方的なものとは考えていない。子どもたちが日常の生活と遊びの中で少しずつ取り組みながら作り上げてきたものや経験から学んだことを表現する場と捉えている。行事を通して保護者と保育者が日々の成長、発達を感じ合う場として役割を担いながら、更に〈今〉の育ちから〈これから〉の育ちの視点を入れている。例えば0歳児は月齢に応じてハイハイグループ、つかまり立ちグループ、少し歩けるグループ等と分けて披露している。このような日々の生活と遊びのありのままの姿が行事を通じて紹介されている。
タイトル②日々の取り組みの中で子ども同士の社会性や次年度へ向けた意欲を育む工夫がある
内容②保育者は行事においても〈普段の姿をいつもの場所で!〉という考え方で、子どもたちの日常を反映した形で行事などを作り上げていくプロセスを大切にしている。日々の遊びにおいてもいつも子どもたちは自身が遊びで使用するものは自分たちで作っている。同じようにそれは行事でも同じで作り上げていく過程の中で子どもたちの意欲が高められているという。また年齢ごとに異なる取り組みは普段の遊びで見られるように、子ども同士での見せ合いの場を作ることでより意識が高まり、より自信とあこがれを育む場として活かされている。
タイトル③ 
内容③ 

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①セミバイキング形式等で子どもの意欲を高め、食に対する様々な関心を引き出している
内容①園は子ども自身の楽しく食べる気持ちを大切にしたいという思いから、「食べたい」と思える食事のリズムや幼児ではセミバイキング式の配膳を行っている。そこでは自分で食べる量を保育者に伝え、その量を完食する喜びを体験したり、苦手な食材も自分から食べてみようという気持ちを待つことで将来にわたって豊かな食生活の意識に繋がることを期待している。また子どもたちが食事で残している嫌いなものをクッキングして食べる機会を設けたり、旬のもの〈サンマ等〉を丸ごと焼いて食するなど様々な方法を用いて食に対する関心を引き出している。
タイトル②園はメニュー構成を工夫しながら、子どもたちの現状に合った改善を行っている
内容②園は食への関心を高めるために食材の産地の表示や実際の食材を展示するなど様々な工夫を行っている。これらの取り組みは子どもだけでなく、保護者へ対しての取り組みでもあるという。表示の中にはそれぞれの食材の栄養素や摂取することによる効果などが明記され保護者にとっても重要な情報となっている。月のメニューは季節感や多くの食材を使用することを大切にしている。また1ヶ月のメニューを前期と後期で同じメニューを繰り返す2サイクルの形態で作成され、前期の残食や子どもたちの食の進み具合を見ながら後期の改善へと活かされている。
タイトル③園は食育に関する様々な活動を通じて子どもたちの食への興味や関心を深めている
内容③園は食育カリキュラムを作成し、計画的かつ具体的に食育を進めている。29年度のテーマを〈食を通して科学に触れてみよう)として直に食材に触れること、調理して食べるだけでなく、サイエンスクッキングとして〈夏野菜が浮く?〉〈大豆の変化を知る〉など科学的な気付きを子どもたちと共有する活動を設けている。また保育園内にある農園で季節の野菜を栽培したり、当番活動でトウモロコシの皮むきやさやえんどうの鞘取りなどお手伝いとして身近に食材に触れる機会をつくり出しながら、様々な食に繋がる体験を積み重ねている。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践