< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

八王子市立石川保育園(2018)

年度2018年(平成30年)評価機関:評価基準研究所(IRES)
担当評価者評 価 者 氏 名
①筒井 正人②相山 慈③福島 正晃④谷口 仁宏
福祉サービス種目

評価対象事業所名称
認可保育所
八王子市立石川保育園〒192-0032℡042-642-2853
所在地東京都八王子市石川町2966-8
園長松田 裕美子

今回、第三者評価を受審してのご感想(256文字以内)

2016年に受審してアドバイスを頂いてからこの2年間、職員と試行錯誤しながら取り組んできた保育について、成果が少しずつ見えてきていることへの評価は職員一同の励みとなりました。
また、今回はさらに保育の質をよくするための細かい評価も頂き、今後どこに注目していくべきなのかがわかりました。特に「片付けの困難度」「制限された環境を活かした工夫」についてのアドバイスはとても良い刺激になり、職員一同で検討を重ねながら試行して園としての取り組みを発展させていきたいと思います。

事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)のうち、特に重要なのも

1)法人理念の下、子どもの人権の尊重と保護者支援を行う
2)子どもの思いを受け止め、自主性を尊重し、ひとり一人を大切にした柔軟な保育を行う
子どもが自らやってみたいと思うことを実現できるような環境作りに心がけ、達成感や自己肯定感が感じられるような保育をする
3)「和の保育方針」の下、日本の心を伝承して行けるような取組みを通して、心を育てる保育を実践する四季を感じながら日本古来の行事や慣習に触れ、その意味と思いやりや感謝の気持ち等を育てて行く
4)「地域の大きな家」を実現するために、近隣の関係施設や地域住民との連携を深めて、地域の拠点を目指す様々な人との関わりの中で、相手の気持ちに気付ける優しさと自分たちが地域の中で守られている事を知らせていく
5)要支援家庭を地域の専門機関や関係機関と情報共有をしながら地域に繋げていく

期待する職員像

(1)職員に求めている人材像や役割

・園児および保護者の状況に気付き、気持ちに寄り添える人(または寄り添おうと思える人)
相手の気持ちに寄り添う事が大切だと理解して、努力しようとする姿勢を望む
・常に向上心を持ち、自身の振り返りや得意分野を活かす努力をする人
得意分野を保育に活かしながら更に高め、苦手な分野を克服出来るような努力をしようとする人
・職員同士や保護者、地域との人間関係を穏やかに保てる人(相手を認めることが出来る人)
職員間の連携のの中で自分の得手・不得手を認め、互いに助けあう事が出来ること
・自身の役割を遂行しようとし、責任感がある人
初めての事にも抵抗なく挑戦する気持ちがあり、豊かな発想が出来る人

(2)職員に期待すること(期待を持って欲しい使命感)

・専門職であることの自覚を持ち、物事を前向き思考でまずやってみると思えること
園児や保護者に対して専門職として接することを意識して、自らの資質向上に努めて欲しい
・与えられた業務について理解し、リーダー(担当者)として進められる(または進めようとする)こと
・自分や他者の能力(得手・不得手)を認めながら、保育の中で自己表現が出来ること

特に良いと思う点

タイトル保護者の連携を深めるために、園のめざす保育を行事を通じて広く伝える工夫をしている
内容園は保護者と連携して保育を行う思いを強く持っており、目指す保育の考え方を理解してもらうための情報発信を丁寧に行っている。行事の際は異年齢の活動で刺激を受け合っていることや、協力して準備に取り組んでいる様子を、活動のたびに掲示板でお知らせするようにしている。運動会、遊戯会、作品展では行事のねらいや各クラスの子どもの育ちを記した冊子を作成し、目指す保育の考え方を分かりやすく整理して伝えることができている。行事後のアンケートや懇談会で保護者の声を聞く場も設け、保護者とともに保育を行う姿勢を明確に打ち出している。
タイトル保育理念の浸透を、具体的な保育実践と結び付け徹底している
内容理念とは、園という船を全員で漕いでいく先にある目指すべき場所だ。しかし、あまりに大きな言葉だけで理念を語っていては、毎日の具体的な仕事のなかでそれを見失ってしまうこともあるかもしれない。その意味で、当園の「理念自己チェックシート」の取り組みは、きわめて実践的で有効な方法だと思われる。ある月のチェックシートには、「子ども一人一人に、分かりやすい温かな言葉で、おだやかに話しかけていますか?」という質問があった。分かりやすくかみ砕いた問いかけで、職員の一人ひとりの足元から理念の浸透、実現を行っている。
タイトル職員の意欲と能力向上につとめ、組織全体を活性化し良好な組織風土をつくりだしている
内容職員一人ひとり自らが設定する目標チャレンジシートを見た。そこには、本人が抽出した課題と実現目標が記され、それに対して評価者のアドバイスやサポート策が記されていた。また欄外には、本人からの具体的な支援要請が書かれ、それに対しても評価者が丁寧に答えていた。この評価シートは、その後の研修計画の基盤にもなり、評価にもつながる。結果ではなく本人の気持ちを重視するスタイルだ。こうした育成と評価のシステムが、個人の意欲と力を向上させ、ともに歩んでくという共感性が、組織風土を良好なものにし、組織を力強くしている。

事業者が特に力を入れている取組み

タイトル①地域の人たちを園に呼び込み、地域の拠点としての保育園を目指している
内容①法人の理念・基本方針において、「地域の大きな家」を実現するために、・・・地域の拠点を目指す」と謳っているように、地域資源の積極的な活用が行われている。とりわけ平成30年度には指定管理者受託後初めて、近隣の小学校の校長や自治会長、地域の民生委員、学童保育の代表者、父母会の会長・副会長を園に招いて「地域懇談会」を開催したり、また地域の子どもたちが楽しく遊べる「わくわく祭り」を開催したりした。その他積極的に地域ボランティアの受入れを行うなど、園の機能として地域の拠点としての役割を十分に果たしつつあると考えられる。
タイトル②個々の生活リズムに合わせた食事ができ、食の関心が高まるよう工夫もされている。
内容②個々の生活リズムに合わせて食事が取れるよう、一斉に食事をとるのではなく食事時間を選択できるようにしている。アレルギー食、宗教食にも対応しており、独自の献立表の作成、厳重な盛り付けチェック、食べるテーブルを分けるなどの配慮も行っている。また、調理員が食事時間に園内放送を行い、その日の食事の栄養素の説明、調理の手伝いをしてくれた子どもの取り組みの説明を行い、子どもが食べることや調理活動に関心を持てるようにしている。ランチルームには魚を調理する過程の写真を掲示して、食に対して関心を促す環境づくりも行っている。
タイトル③園は、保護者が子育てに対して前向きな気持ちになれるように積極的に支援している
内容③保護者が子育てへの意欲や自信を持つことができるために、また職員との信頼関係を築いていくために、保護者同士が交流する機会を積極的に設けている。年に3回あるクラス懇談会の後には茶話会をおこなったり、年長になるとキャンプ場に行き保護者同士も一緒に協力してバーベキューや飯ごう炊飯をしたり、父母会を通して子どもへのプレゼントを検討したりと、保護者が子どもの成長を互いに喜び合い共感し合う機会を計画的につくっている。保護者同士が情報交換を行いながら子育てに対して前向きな気持ちになれる風土を、園が醸成しているのである。

評価項目
日常の教育・保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している(6-4-3)

タイトル①子どもが自発的に遊びを選択できる環境があり、その改善も常に行われている
内容①園内にはブロックコーナー、ままごとコーナー、絵本コーナー、パズルコーナーが設置されており、子どもが自分のやりたい遊びに取り組むことができる環境を作っている。幼児会議と乳児会議で環境についての課題が話し合われ、その課題が保育内容研究会議でより具体的に話し合われる仕組みができており、それらが毎月1回以上開催されることで常に遊びのコーナーの改善、充実が図られている。この会議内で、パズルコーナーで周りを気にせずより集中してパズルに打ち込めるよう壁際にコーナーを移動する案が出て、実際に改善につなげている。
タイトル②季節を感じる取り組みを行い、感じたことを表現活動につなげる工夫も行っている
内容②季節を感じる取り組みをカリキュラムに組み込み、計画的に園外活動を行っている。ボランティアさんの畑を借りていも掘りを行ったり、近くの公園へ出かけてどんぐり拾いを行ったりしている。季節を感じる活動だけで完結するのではなく、そこで感じたことを表現する活動にもつなげるようにしている。園外へ出かけた際に拾ってきた落ち葉を使って制作活動を行い、その作品を室内装飾に用いて子どもの目に触れるようにしていることで、表現だけでなく表現したいという意欲を生み出す工夫もされている。
タイトル③子ども同士で生活の流れやルールを教え合うことができるよう工夫している
内容③年度末が近づくと新年度の生活に向けて2歳児が3,4歳児と共に生活する移行が行われるが、その際3,4歳児が2歳児に対して生活の流れやルールを教えてあげるなど、大人主導ではなく子ども同士で教え合うよう保育を行っている。毎月「こころの日」を設定し、園長より生活の中で大切にすべき事柄についての話を聞く機会を設けている。ある月の標語は「おちついてすごそう」。心を落ち着かせてじっくり考える時間について話がされ、子どもたちの約束事として園内にも掲示されていた。子ども自身で生活を組み立てる力を育んでいる。

評価項目
日常の教育・保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している(6-4-4)

タイトル①行事に対して関心を持てる環境づくりを行い、自ら取り組むことを大切にしている
内容①行事の取り組みは子どもたちの関心が高まるような工夫をするところから取り組んでいる。豆まき行事の前には、まずお面づくりのコーナーを作るところから始め、作ってみたいと子どもたちの関心が高まるよう環境を整え、一斉に制作活動を行うのではなく自分のやりたいペースで取り組めるようにしている。その際の子どもへの関わり方も、積極的に取り組む子となかなか取り組めない子とでは対応を変えるようにし、一人ひとりが自ら進んで行事に対して取り組めることを大切にしている。
タイトル②みんなで協力して作り上げる楽しさを感じられる取り組みの工夫をしている
内容②豆まき行事のお面づくりのように個々に取り組む活動もあるが、みんなで協力する楽しさを感じられるような行事も用意されている。夏祭り、運動会、遊戯会、作品展などは協力の楽しさも大事にしており、運動会では4歳児がバルーンを全員で扱う中で、引っ張る、揺らす、前進するなどみんなで動きを合わせることで1つの演技が完成する体験も取り入れられている。遊戯会の5歳児の劇では自分たちで役決めをし、台詞を考え、友だちに教えてあげて完成へ近づけるなど、協力の楽しさを感じられるような取り組みの工夫がされている。
タイトル③園の思いを保護者に伝えるだけでなく、保護者の思いも聞きながら行事に取り組んでいる
内容③遊戯会では異年齢での取り組みを披露し、異年齢での関わりによって育つ力、その大切さを伝えるなど、行事を通して園の思いを伝えることを大切にしている。そして園の思いを伝えるだけでなく保護者の思いも受け取るために、行事を実施した際は保護者アンケートを実施したり、懇談会で意見を聞いたりと、保護者の声から行事を振り返り、次年度につなげていく仕組みを作っている。またクリスマス会のサンタ役をボランティアの方にお願いするなど、保護者だけでなく地域の方の協力を得ながら行事のあり方を豊かなものにしていくよう努めている。

評価項目
子どもが食事を楽しめるよう、指導・援助している(6-4-6)

タイトル①自分のペースで意欲的に食事をとることができるようにしている
内容①自分の食べたい時間に食べ始めることができるよう12時30分までに食事を開始すればいいルールになっており、自分たちで席の埋まり具合を確認しながら、自分の食べたいタイミングで遊びを切り上げて食事をとることができる。食事の終了時間、おかわりのできる時間も分かりやすく示されているため、安心して自分のペースで食べることができている。セミバイキング方式を取り入れ、子ども一人ひとりの食べる量の違いに対応している。子どもが自分で食べたい量を伝え、保育者に盛り付けてもらうことで、意欲的に食事にとることができている。
タイトル②アレルギーのある子や宗教上制限のある子に対して細かく対応している
内容②アレルギーのある子どもは医師の診断をもとに保護者と相談して対応している。対象児の献立表が別に作られており、代替しているものが分かるようになっている。代替の食材が使用される際は朝礼時に確認し、食べる前には担当者が間違いなく配膳されているかを確認してサインをするルールが徹底されている。食べる机も他児とは別になっており、間違えて食べてしまうことも防げるようにしている。宗教上食事内容に制限のある子どもに対しても同様の対応が取られており、豚肉を代替のもので提供している。
タイトル③栽培活動や調理体験を通して食に対する関心を深める工夫がされている
内容③2歳児はいちごを栽培し、収穫、いちごジャム作りと食の一連の流れを体験したり、5歳児は魚の背開きを体験したり、ランチルームには魚のさばき方の写真を掲示したりして、単に食べ物を食べるだけでなく食べるまでのことも体験できるようにすることで、食に対しての関心を深めることができるようにしている。3月には子どものリクエストメニューが登場するなど、子どもが主体的に食に向き合うことのできる工夫がされている。今年度の取り組みとして精進料理を体験する機会があるなど、食に関する幅広い関心を持てるよう工夫もされている。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践