< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

「見守る保育」の特徴(「見守る保育」実施園の様子)

かかわりを大切にした保育

子どもをめぐる環境の変化

子どもをめぐる環境は昔と今では ずいぶん変わりました。

核家族化・少子化により、祖父母や兄弟とのふれあいが減り、子ども部屋を与えられることで、ひとりで閉じこもる場所ができました。

さらに、地域の中でも、人が集まる井戸端などが消え、子どもが人との関係を学ぶのは、母親からだけになってきています。

今、保育園には、家庭や地域の中で育つことが少なくなってきた「人と関わる力」を、
集団保育のなかでつけていく役割が望まれているのです。

 

保育者とのかかわり    

保育者とのかかわりは、朝の挨拶から始まります。

保育者は子どもとの朝の挨拶を通して、関わりの中から、子ども達の体調・機嫌などをつかんでいきます。

その上で、その日の保育や、その子との関わりを考えています。

形式だけの挨拶、強制的な挨拶をさせるべきではありません。

挨拶をするのは、しつけのためだけではく、「保育する」ことにつながっているのです。

食事(給食)時のかかわり

給食の時、3・4・5歳の子ども達は、担任や食事当番の子どもに量を言って、ご飯やおかずをよそってもらいます。

「いっぱいによそって」「少しにして」など。

そんな自己主張や、やりとりから、保育者や友だちとのかかわりが生まれます。

たくさんよそってもらったら、それは全部食べきらなければいけません。

少ししか欲しくないと言う子には、保育者はかならず、理由を聞きます。

そのやり取りの中で、保育者は子どものその日の気持ちがわかり、
子ども達は人との関わりを学んでいきます。

 

子供同士のかかわり

人との関わりの中でも、最近特に大きく欠けているものが「子ども同士の関わり」です。

そこで今、園生活の中でこそ、子ども同士の関わりを学ぶことが、重要になってきています。

先ほども、ご紹介した「給食」。

給食も、子ども同士の関わりを体験する大事な
場です。

3・4・5歳児は、一緒に食事をしますが、席は自由です。

理由の1つは、その直前の友達同士の活動を、会話として給食の時間にも
つなげたいからです。

すると、どこに誰と座るかを、子供達同士で調整しなければいけません。

机の上にトレーを置く時も、譲り合って置かないと、最後の子は置けなく
なってしまいます。

こぼしたり、お箸を落としたりしても、基本的に保育者は関わりません。

これらの問題を調整したり、クリアしていくことで、子ども同士の関わる力が
育まれていくのです。

 

地域とのかかわり

かつて子ども達は、親と一緒に、または子ども集団で、様々な地域の人と触れあい色々なことを学びました。

その機会が少なくなった今、親の代わりに園が地域と関わることは、子どもにとって、大切なことです。

地域のお祭りに参加する。園の行事に地域住民を呼ぶ。老人クラブとの交流など。

様々なかたちで、子どもと地域との関わりを深める活動をしています。

その他のメニュー

チーム保育のメリット 新しい職員集団とは?

子ども達のお腹も心もいっぱいにできる食事づくり、、、

常に学び勉強ができる体制を持って 保育に取り組んでいます。

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践