< 保育所保育指針に沿った質の高い保育「見守る保育」を学びたい保育園(子ども園)職員。質の高い保育をめざす方へ >

質の高い保育を目指している方・保育士・保育園(子ども園)
      職員のための情報webサイト

 

「見守る保育」藤森メソッド

   ーーーーーーーー 公式ホームページ ーーーーーーーーーー

 Japanese Childcare Method 『HOIKU』 by HEIJI FUJIMORI

      A practical childcare & curriculum guide based
     on Mimamoru philosophy toward social networks from the dyad. 
 

保育環境研究所ギビングツリー(GT)
                     
〒161-0033東京都新宿区下落合2-10-20
新宿せいが子ども園内

        Email:: info@mimamoru.net

「見守る保育」の特徴(「見守る保育」実施園の様子)

ねらいに応じた選択制の保育

子ども達は自分で選択し、自己主張することと同時に、自己責任を持つことも、覚えていきます。

それが、我慢をすること・人の話しを聞くこと・自己を抑制しようとする気持ちへとつながっていくのです。

保育の選択性ってなに?

たとえば「秋を感じてもらう」という保育のねらいを立てたとき、3・4・5歳児の3人の保育者は、自分の好きな、得意なアプローチを提案します。

「外遊びで、秋を感じてもらう。」「私はリズム遊びで。」「僕は制作で。」

そして、子ども達も、自分のやりたい活動を選びます。

それぞれのアプローチから、秋を感じてもらうのです。

これを「保育の選択性」と言っています。

やる順番を、子どもが選択することもあります。

もちろん「外遊び」「リズム」「制作」のそれぞれを、一通り体験させようとすることもあります。

そんな時でも、一斉に、無理してやらせるのではなく、自分で「選択」するという考え方で進めます。

何を選ぶか?ではなく、やる順番の選択を子どもにしてもらうのです。

これを「順序性選択」と、呼んでいます。

最初に「外遊び」を選んだ子には、次の機会には「前に外遊びをした子は、今日は制作をしてみましょう」と、やる内容をローテーションするのです。

一方保育者は、最初と同じ自分の得意な活動を担当します。

こうすると、子ども達はすべての活動が偏りなくできますし、まず好きな活動からしているので、
違うことも意外とすんなり取り組みます。

その他のメニュー

関わりを大切にした保育

「人と関わる力」を、集団保育のなかでつけていく、、

チーム保育(職員集団)

チーム保育のメリット 新しい職員集団とは?

他の園の職員との交流

 情報交換する場を作り学びと交流を深めています。 

ごあいさつ

 藤森平司先生の新著
  「行事」の本

◆藤森平司先生の新著

保育における「行事」

★毎日の保育から生まれる

 負担にならない行事実践